お友達からの電話。

義母からメールがあった。
「三重県のお友達から電話あったんだけど、携帯番号教えたからね。」
メールを読み終わったとたんに電話が鳴った。
・・・・どうせNやろ・・。義母さん・・うらみます・・(T-T)
明日は携帯番号を変えに行くか・・・・あきらめて電話にでた。

「もしもし、源蔵ちゃん?」
   ・・・・・・・・・・アレ?
「私、Mだけど、元気にしてる?」

   なんで?どーしてMちゃんが電話してきてるんだ?

「もう、ずっと帰ってきてへんからー、皆心配してるんよーー?
 話はNから聞いてるけど・・今はどうなの?旦那さんと仲良くしてんの?」
 
「う・・うん・・まあ・・・ケンカはしてるけど(国防論で。)
 ある意味では仲いい・・・かな・・?」

「そっかーー、よかったーー、生活は?どうなの?」

「・・・相変わらず貧乏やけど・・食えんことはない・・。」

 その後もMちゃんから色々質問されたのを答えたけども・・・疑問に思ったことを思い切って話した。
「あ・・あのさ・・、怒っているんじゃないの?」

「は?なにがー?」

「離婚をさっさとしないこととか・・・グチばっかいってたこととか・・
 花火も行けなかったし、伊勢神宮にも行けんかったし・・・。」
    Nは帰省できないと話したらすっげー激怒してたし
    離婚はいつするんだー!!とか怒鳴るし・・・
    皆が怒ってるとかNに聞いたし・・・

「だって長崎と三重だよ?そんなしょっちゅう帰れないよー。
 N以外は皆結婚したから財布事情が違うってことくらい分かるよーー。」 
    ・・・・・・あ、そーかーー。

「皆は結婚して子供できたでしょー?懐の事情で前ほど集まれなくてー、
 それに対してもNがキレててなー、結婚したら分かるよーとかうち等が言うたら
『あたしが結婚できへんのは源蔵のせいや!結婚なんて夢も理想もない、したくないわ!!』
     とか怒鳴ってきてー・・」
    ・・・ほうー・・アイツそんなん言うたんか。

「でもなー、どんだけ好きで一緒になっても不満あるやん?
 そんなんグチぐらいでるさー、離婚だって簡単にできるもんとちゃうしねー?
 結婚せえへん理由を源蔵ちゃんのせいにしたらアカンわなーー。」
    
「・・・・Nは彼氏とかできたの?」

「ないなー、この前集まったときも乙女ゲームの話しかしてへんだしー。」
  相変わらず空気読まずに自分の好きな話しかしてへんのか・・・、アイツは・・。

「もう、あれは困るわー、マニアックすぎてついてけへんもん。
 源蔵ちゃんやったら聞いて理解してあげれるのにねーー。」
    ・・・聞いてはあげられるけど・・共感はできへんっす・・。

「だからー、N抜きで最近は集まったりしてるんよー。
 旦那のグチ言うたら『別れたら?』なんて言うし
『ウチが文句言うたる』とか・・・親切心にしてもちょっとなーー。」
    ・・・・気持ちは分かる・・・。

「でね、『源蔵ちゃんにもそんな感じで言うたん?』って聞いたら
『アイツが子供ほしいなんていうから子供なんかいるか、殺してしまえって話したけど』
 なんてエバって言うやん?さすがにウチらもドン引いてなーー。」
  ・・・・子供もいる主婦の前で言うことじゃないわな・・。

「やからねー、源蔵ちゃんが遊びにこれへんのはNのそうゆう発言のせいもあるかもしてんって・・・
 どうなんかな・・?」
   ・・・・・・・・・・おおむね当たりです。
   とりあえず、今までの経緯と手紙の内容とNに言われたことを話しました。

「そっかー、それは辛かったなーー、Nにはウチらから怒っとくしー。」
   いえ、いいです・・・、アイツのことやからどうせキレるだけやし。

「問題が片付いたらでええから遊びにおいでー?
 Nにいてほしくないなら、その形で皆に連絡するしーー。」
   いえ、そんなハブみたいなことせんでええし・・・・お気遣いなく・・・。

「大丈夫、ウチらもNの発言にはイラッてしてるから。」

 Mちゃん・・・ひそかに怒ってる・・?

「例え正論であったにしても、あの言い方じゃ人を追い詰めるだけやしなー。
 人によっては自殺しかねんし。Nの為にも、ちょっと説教しとくわー。」
   ・・・確かに・・。現に私、自暴自棄になりかけたもんな・・・。

「仲直りしたいんやったら協力はするけど・・・でも気持ち的に無理やろ?」
   ・・・・・うん。

「すっごい意地悪な考えやけど・・Nが本気で誰かを好きになってソイツにものすごい傷つけられたら・・
 その時にNに言われたことや、やられたことをそのまま返してやろうと思う。
 ・・その時に謝ってきたら・・・まあ・・考える・・。」
   ・・・・・・・・・本心を言うた。メチャクチャ心狭いってあきれるかなー・・。
でも、Mちゃんは
「うん、そやねー、それでいいと思うよー?」
  意外な反応をした。

「今まで、源蔵ちゃんが悪くなくてもNに対して謝ってきたんやからー。
 Nは甘えすぎたんやねー、源蔵ちゃんに対しても、うち等に対してもー。
 許せんかったら許せんでええよー、無理して寛大にならんでもええからねー?
 ってゆうかさー、Nも高校のとき源蔵ちゃんがイジメからかばってあげてたのを忘れるってどうゆうことなんやろねー。
   ・・・あー・・・そうゆうこともあったね・・。
   私も完全に忘れてたわ。

「源蔵ちゃんがNの発言でどれだけ傷ついたかそれとなく話しとくわー。
 ん?源蔵ちゃん、どうしたん?」 

・・・・・・・・あまりの優しさに泣いてしもた・・・。
携帯番号とアドレスを変えて連絡切ったのも後悔はしてないけれど・・・
それでも・・・N以外の他の子には連絡しとけばよかった・・・反省した。
  
それについて謝罪すると
「ええよー、そこまで頭回らんかったんやろ?」
  書いた漫画を見せてくれたら許したるよーー?なんてチャカしてくれた。
  
それじゃ、元気でなーー。
 のほほ~~んとした挨拶で電話は終了した。

・・・・完全にNが悪者になってしまった感じがあるのは心苦しいが・・・
・・・・まあええか・・・、たまには責められる側に立たせてやろう。

帰省できるようになったら漫画もっていくかなー・・。
そのときまでにいっぱい書いておこう・・・。

 
    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード