甘利大臣がんばってます(´;ω;`)




2014年10月13日19:00
【朗報】TPP協議で米国が図に乗りなめた要求した結果⇒日本の我慢突破「ふざけるんじゃない、日本は対等だから折れると思ったら大間違いだ」
1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 09:31:25.19 ID:???0.net
アジア太平洋地域で巨大な自由貿易圏の構築を目指す環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉は、日本の参加から1年2カ月が経過した。

だが、交渉は参加12カ国の経済規模の8割を占める日米2国間の関税協議が一向に決着せず、越年論も現実味を増している。事実上、4度目の妥結目標時期の延期となりかねない情勢で、日本政府内ではTPP交渉は「まるでオオカミ少年」との嘆き節も聞かれる。

■日米閣僚協議で怒鳴り合い

「ふざけるんじゃない」。米ワシントンの通商代表部(USTR)で9月23~24日に開かれた日米閣僚協議の席上、甘利明TPP担当相はこう声を荒らげ、机をたたいた。

さらに甘利氏が「日本は対等だから折れると思ったら大間違いだ」と続けたのに対し、フロマンUSTR代表も激怒し、「怒鳴り合いになった」(交渉関係者)という。

5月のシンガポールでの協議以来、4カ月ぶりに開かれた今回の協議で最大の焦点になったのは、
日本の重要農産品5分野のうち牛・豚肉の関税の引き下げ幅や引き下げにかける期間、輸入急増時に関税を引き上げる緊急輸入制限(セーフガード)の扱いだ。

甘利氏は日本としてのギリギリの譲歩案を提示したが、フロマン氏は「(日本側の提案を)とりあえず突っぱねて、日本がさらに降りるかどうかを見極めようとした」(交渉筋)という。
甘利氏が怒りを爆発させたのもこのためだ。

帰国後も腹の虫がおさまらなかった甘利氏は記者団に「覚悟を決めて柔軟性を示したが、それに見合った誠意ある対応が見られなかった」と吐き捨てた。




甘利大臣、本当に頑張ってますね。
信用してないわけじゃないんだけど、どうせアメリカ相手だから折れまくるんだろうなーなんて
諦めモードで見ていたんですよ。
負ける試合をみる観客の気分ですね。
だって今までアメリカマンセーな議員が多くて・・
昭ちゃんくらい「日本はアメリカを助けない!」ハッキリ言う人いなかったもんな。
なので、甘利大臣がアメリカ相手に激怒したことに感動しております。

安倍総理大臣が先頭に立って頑張っているからこそ
あとに続く大臣が戦えるんでしょうね。

TPPは現在、大国の利益にしかならないようなルールです。
甘利大臣にがんばってもらって、ちゃんとしたルール改変をしてもらいたいですね。

そういや、中国がTPPに入りたがっているみたいですけど
ルール守らない奴が入ったって意味ないんじゃね?とか思いつつ
無理やり入ってルールを破りまくってTPPご破産になったら面白いかも・・?
なんて考えてもいる外道ですw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード