スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が大江健三郎が大嫌いな理由です。

my日本のj1bkkさんの日記です。


取り戻した日本の名誉

親愛なるカマちゃんが住む兵庫県播州地方に台風十一号が上陸しましたが、その八月十日午前十時三十分、
出棺があり、帝国軍人は見送られました。



その帝国軍人とは、



陸軍士官学校五十三期、帝国陸軍騎兵少佐 梅澤 裕 さん。


「梅澤 裕」さんと、言われてもほとんどの人はわからないと思う。

彼は、あの国賊、大江健三郎の「沖縄ノート」(岩波書店)で、座間味島の島民集団自決は、梅澤少佐の「自決命令」によって起こったと書かれ、住民に「自決するな」と言った梅澤少佐を、逆の「自決を命じた」という汚名を着せられたひとである。


櫻井よしこさんのオフィシャルサイトに詳しく書かれています。
「 沖縄集団自決、梅澤隊長の濡れ衣 」 
http://yoshiko-sakurai.jp/2007/01/11/552




そして、西村慎吾議員のメルマガによると

葬儀で、「沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会」の代表である南木隆治先生は、弔辞の中で次のように述べられた。

「ありもしなかった『南京大虐殺』。
 ありもしなかった『朝鮮人慰安婦の強制連行』、そして、
 ありもしなかった沖縄における『軍による住民への自決命令』。
 この我が国を貶める嘘の歴史は完全に、正しく書き換えられなければなりません。
 そして、梅澤さんはそのために、
 戦後七十年間、最後まで我が国の名誉を守るために戦い続けてくださいました。」






名誉回復…沖縄集団自決“命令”の「汚名」着せられた梅沢元陸軍少佐、戦後日本の言論空間「日本軍=悪」と闘い逝く
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140812/wa...
2014.8.12 21:45



 戦後69年の夏。今月6日、一人の「帝国軍人」が逝った。先の大戦末期の沖縄戦で座間味島の守備隊長を務めた元陸軍少佐で、住民に集団自決を命じたとする事実無根の「汚名」を着せられた梅沢裕(ゆたか)さん。「日本軍=冷酷非道な悪」という戦後日本の凝り固まった言論空間に抗い、軍人らしく戦い抜いた生涯だった。(牧野克也)



 梅沢さんは合理的な作戦を練る指揮官だった。沖縄戦以前に1人も戦死者を出さなかったことを誇りとし、沖縄戦に際しても「特攻はやらない」と犠牲を少しでも減らす作戦を上層部に提案、認めさせた逸話をもつ。そんな生粋の帝国軍人に理不尽なぬれぎぬが着せられた。

 戦後まもなく刊行された「沖縄戦記・鉄の暴風」で、慶良間諸島の座間味、渡嘉敷両島で起きた集団自決は軍命令だった-と初めて記述され、次々と他の文献に引用された。ノーベル賞作家、大江健三郎氏も現地取材を一切しないまま自著「沖縄ノート」(岩波書店、昭和45年初版)に文献を引用し、名指しを避けながらも命令者を「戦争犯罪者」「罪の巨塊」などと指弾した。
真相は全く違う。米軍上陸の前日夜、自決用の弾薬や手榴(しゅりゅう)弾の提供を求めた村の助役ら5人に対し、梅沢さんは「死ぬことはない。避難してくれ」と断った。戦後、現場にいた伝令役の住民も同様の証言をし、5人のうち生き残った女性も弾薬の提供は受けられなかった、と告白した。

 しかし昭和33年、隊長の自決命令を報じた「週刊朝日」の記事を初めて読んだ梅沢さんは驚き、苦しんだ。「お国のために戦ったのに、なぜ事実がゆがめられるのか」。それでも沖縄への慰霊の旅を続ける中、苦しい生活だった住民が援護法に基づく遺族補償を得るために軍命令という虚構を心ならずも創作した事実を聞く。ついに平成17年、記述を一向に改めない大江氏らを相手取り、名誉毀損(きそん)訴訟に踏み切った。

 1、2審敗訴、23年の最高裁決定でも上告を退けられた。ただ、最大の争点である自決命令の有無について、司法は「(命令は)証拠上断定できない」「真実性の証明があるとはいえない」と判断したのだ。真実性が揺らいでも名誉毀損が免責されたのは、集団自決への軍の深い関与と当時は軍命令が通説だったことを踏まえ、出版時は真実と信じる相当の理由があるとする「真実相当性」に加え、「表現の自由」を優先したに過ぎない。
兵庫県西宮市で10日に営まれた告別式で、訴訟を取材したジャーナリストの櫻井よしこ氏は「梅沢さんを苦しめたぬれぎぬは完全に晴れている」との弔辞を寄せた。

 提訴から丸9年目にあたる今月5日、朝日新聞が朝鮮人慰安婦の強制連行を報じた記事の一部が虚偽だったと認めた。沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会代表の南木隆治さん(60)は弔辞で、慰安婦問題といわゆる「南京大虐殺」、集団自決の軍命令を念頭に、「わが国をおとしめる嘘の歴史は完全に正しく書き改められなければならない。梅沢さんはそのために、最後まで日本の名誉を守ろうと戦い続けてくださいました」とたたえた。

 享年97。その誇り高き姿に、日本人の本来あるべき魂をみた。




誇り高く戦ってきたのになんでこんなこと言われなきゃならないんだろう。
敗戦を受け入れ、何もないところから這い上がってきたのになぁ。

私は大江健三郎が大キライです。
反日活動もそうですが、酒鬼薔薇事件も加害者を庇ってたしな。

私たちがとにかく歴史を勉強して子供や周囲に広めていきましょう。

でもって、間違った知識をドヤ顔で広めてる自称知識人を大笑いしてやりましょうや!

「そんなことも知らねーの?日本人のくせに?ばっかじゃねーの?」
って、言ってやりましょう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。