医療現場で戦ってる人や死に物狂いで科学に取り組んでる人に土下座すべき



科学の世界のことは分かりませんけど・・・
素人ながらに小保方氏がしたことは許せないと考えています。

だいぶ前に移植手術を控えた患者さんと医者の番組を見ていたんですよ。
14歳の女の子が息するのもしんどそうに・・それでも先生の説明を必死で聞いていたんですよね。
「あの子の人生を14年で終わらせちゃいけない。」と手術室に向かう先生の姿が泣けました。
肺移植が無事に成功したことに ホッε-(´∀`*)
入院してたときは管に繋がった姿だったのが
退院時には笑顔で先生に手を振る女の子の姿に驚きました。

「医学ってすごいよねー。」素直に感動している横で、旦那が難しい顔をしていました。
・・・・どした?と聞くと

「患者さんたちはさ、死に物狂いで頑張っているし
お医者さんも患者さん救いたくて必死なわけじゃん。
iPS細胞の山中教授だって医者と同じ気持ちで頑張ってさ
民主政権時代には研究費が打ち切られそうにあってるんだよ。
そんな中で成功させたんだよ?
こんなに頑張ったのも 『人のため』って強い意志と優しい気持ちからきてるわけじゃない。

なのに、小保方は自分のことしか考えてないんだよね。
STAP細胞はあります、200回成功しました、私じゃなく第3者がーとか嘘八百並べてさ。
患者と医者に希望を持たせて、絶望の崖に落とすってひどくない?」

私も喘息が細胞で治るなら絶対に飛びつくしなあー。
病気のせいでイジメられたこともあるし・・・・。

「それになにより一番罪が重いのは
今まで日本人化学者が培ってきた信頼を潰したってことよ。
勤勉とバカ正直を武器に必死で人種差別と戦ってきたのに・・・・
もうこれから先はどんな実験に成功しても信用されんバイ。
特に女の化学者は性別もあって今まで以上に苦労するよー。」


「iPS細胞の森中教授がこの件に関して一切コメントしなかったことに関しては?」

「あれが一番いい対処法でしょ。
自分が作ったiPS細胞より、早くて安いってなったらそれはそれで現場の医療の人間にはいいんだし。
ただ、小保方の論文見て何か気づいてたんじゃねーかなって俺は思うんだよね。
だってその件のプロフェッショナルだしさあー。」

なるほどなぁ。

「まあ、やれるもんならやってみろやって気持ちもあるだろうけどなー。」

・・・・・・・・・そっちはおめーの気持ちだろうがよ。

しかし、小保方氏といい、吉松育美氏といい・・・・
日本女性のレベル低下は悲しいものですな。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード