スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪なデカイ猿みたいなゴリラVS人間

夢を見ました。

なぜか私は芸能界で仕事していました。
声優とタレントと芸人みたいなマルチタイプな人間でした。
鏡に写る芸能人姿の自分見て、「いやいや、こんな器用な人間じゃねーしww」と笑っていました。
どっかで冷静に「夢だ」と判断できている自分がいるんですよねー。

番組の打ち合わせを芸人とモデルでやって、
プロデューサーが「凶悪なデカイ猿みたいなゴリラとおまえら戦ってもらうから」と話してきました。
「仕事だからやるけどさ、安全面は大丈夫なんだろうな?」
隣の芸人にコソッと聞いてみたら
「テレビがそんなこと考えるわけ無いでしょ?自分で防衛するしかないですよ。」なんて
信じられないことを言われました。

ま、芸能界なんてそんなもんか。
・・・檻の中に入っている人間の3倍もあるでっかい猿みたいなゴリラ見て
「・・・・あっ・・・やべーわ・・・」と危険を察知。
獣の目じゃなかったんですよ、どう見てもこれは「知性がある」人の目にちかかったんで・・。
「なんだっけ、ARMSかなんかにこんな凶悪な猿と戦う話あったなー・・あれっぽい。」
さっきからスタジオの作り見て、さらに人間を見て笑っている気がする・・・
「これは本格的に逃げることを考えたほうがいいな。」と考える自分。

そんなこんなで生放送が始まり、芸人と一緒になって猿を煽るけれど
猿をつなぐ鎖が嫌な音してるのに気づいて・・・・少しずつ後退していました。
お腹が痛いと嘘をついて荷物と服を取りに行き、
なぜか持っているスマフォでテレビをチェックしながらダッシュで逃げる自分。

「ヤバい、これ絶対ヤバい!!さっきから鎖が嫌な音してたし・・っ」

廊下を走ってる時に悲鳴が聞こえました。
スマフォ見たら猿が鎖ちぎって自由になっていて
人間を襲って食っている姿が・・っ!!!

こりゃ着替えている時間はねーわ
正面玄関は混雑してるだろーから、スタッフ出入り口から逃げてチャリは諦めるか、タクシー拾おう。
全身タイツみたいな服で助かったわ、この上から着ればいいもんねー。
て、さっきから悲鳴が近づいてないか・・・?
「あ、こっちに向かってきてるんだ。」
隠れたほうがいいな・・と考え直し周囲を見回して隠れられそうなとこを探す。
知性があるからなあー・・・下手なとこ隠れてもバレそうだしー・・・
トイレに入って洗面所の下の引き出しから紙を全部出して近くのゴミ箱に捨てて
その中に入ってやり過ごすことにした。
悲鳴と足音が近づいてくる・・・
「やばやば、早く隠れねーとっ!!!」
静かに戸を閉めてスマフォを無音にして・・動画撮影して息を殺した。
念のための武器としてトイレ洗剤に水たして目潰しように・・・と胸に抱いて。
バターン!!来たかっ!?・・と思ったらカツカツというヒールの音で人間かと認識。
その女は「どうしよう、どうしよう、早く隠れないと・・」と震えた声で隠れるところを探し
一番奥のトイレを閉じる音がした。
それから続けて人が入ってきて・・
「ねえ、その奥、私も隠れたい!!ねえ、開けて!!!」
・・・バカが、扉を叩き出した。
「やめてよ!!バレるでしょ?!あんたなんかいなくても世の中変わんないわよ!!」
・・・・・・・・・・・・・・ひっでえ言い草だな、おい。
扉叩いてた女は諦めてトイレから出ていった。
・・・俺が隠れているところも一人分のスペースしかねーしなあー・・・・
・・・つか、この声、モデルとアイドル?
アイツらプライベートも仲良しデーっす♥とかアピールしてたくせに・・現実(夢の中だけど)はコレかよ。
まっこと・・女の友情とは・・夢幻ですなあー・・・なんて呟きかけたその時に
トイレの外で凄まじい女の叫び声がっ!!
・・・・・・・・キィィィイイイイ・・・・・と静かに扉が開いて・・・
死体を引きずりながら猿の化物が入ってきました。
・・・・・・・・・・・・様子見るために扉を僅かに(ほんの2cm程度)開けた隙間から
顔を半分喰われたアイドルの姿が見えました。
・・・・・・・・・・グロ・・・。
扉をひとつひとつ開けて・・・扉に鍵がかかっているのを確認すると・・・扉をぶち壊して
ぎゃあああああああああああああああああああああああ・・・という叫び声と共に
骨を噛み砕き人間を食べる音が響き渡りました。

・・ヤバイ・・この猿の化物・・かなり知性がある。

これはここに隠れてるのもバレるな・・・なんてビビっていたんですけどね
・・・・・・・・が、ある程度食ったらさっさと扉開けて出て行きました。
扉の前に一瞬足が止まってヒヤっとしましたが・・。
足音が完全に遠ざかって人の悲鳴(新たな犠牲者がでるまで)が聞こえるまで待機。
恐る恐る隠れ場所から出て・・・血まみれの床と首と胴体が皮一枚で繋がったアイドル
噛み砕かれて半分になったモデルの死体を見ました。

・・・・・・・これはスゲーわ・・・・。
なんで俺の夢ってグロ系は無駄にリアルなんだ・・・。
って、凹んでる場合じゃねーわ、さっさと脱出するべ。
なにかの証拠か手がかりになるかなーと・・死体を撮りまくる自分。
トイレの窓開けたら・・ふむ・・・排水口伝って外にでれるなー・・
手にハンカチ巻いてスルスルと外にでて・・・
さっさとタクシー拾って逃げました。

で、家に帰ってテレビとネット付ける自分。
「うっわ、警察も自衛隊も出動してんの?!」
2chで「テレビ局の化け物サルから逃げてきたけど質問ある?」ってスレを作り
証拠にトイレの血まみれ画像を載せて(死体はさすがに載せなかった)
「で、自衛隊に協力してやりたいけども、どーしたらよかかね?」とコメしたら・・
すっさまじい勢いで質問攻め。

どうやって脱出したの?!
あの化物猿なんなの?!
嘘つくな!!なんて疑われ・・・

トイレで(無音で)写した猿の足元と引きずられる死体の動画をうpしたら黙りました。

自分が見た猿の印象、テレビ局内の絶望的な状況
人間は確実に殺されるということを話し・・・

「どうやって連絡していいかわからんから、もし知り合いに警察と自衛隊がいたら
中の絶望的な状況と人間を助けることを考えるのはやめたほうがいいって伝えてやって。
相手はかなりの知性がある上に人間を喰うし、成人男子の3倍はある巨体だ。
助けるなんて考えたら死ぬからね。
テレビ局の人間なんかオレ含めて総じてクズばっかだから死なしとけ。
でも、警察と自衛隊が死ぬのだけは勘弁、ってことでw」

で、ネットとテレビ見ながら酒とタバコふかして・・・
テレビで「内部から自力で脱出した人間がいたようです!!ネットからの情報です!!」とでて・・
自衛隊と警察が化物猿を殺した情報を見てから 安心して寝ました。

で、起きたら自分の家でした。
自分のゲスさに大笑いしましたwww
隣で寝てた旦那がビックリするくらいです。
「な、なに?なんなん??」
「あははっははは、いや、すっげーゲスな自分を見てさあーwww」
笑いながら事の顛末を話しました。

旦那は「お前がマスゴミが大嫌いってのはわかってる。
でもね夜中3時だからね?
怖いから大笑いして起きるのやめて。


ペッチンと叩かれました。

自分が生き残るために他者を平気で囮にする精神
冷静に判断して脱出する頭脳
動画を撮影する度胸

この夢の中の私って割り切って芸能人してたんですよね、
なんというか、my日本メンバーとしてテレビ局内部をスパイしてやるって感じ?
だから生き残るためにどうするか、情報をどう探るか、すっごく頭使ってました。
芸能友達だって情報源としか思ってなかったし
だから平気で見殺しにできたんだなーと・・・・

正直言うと・・・超理想的な自分でした!!!

うわ、あんな風になりたいなあーって本気で思いました。

ゲスですけどね、目的のために躊躇なく実行する姿はめっちゃカッコよかったですw

旦那からしたら夜中にいきなり笑い出す嫁のほうが怖かったでしょうねー。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。