スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声のでかいやつほど何もしない。

昨日のことなんですけどね、
夕方買い物行った際に見たことを話させて頂きます。

夕方ですからレジがめちゃくちゃ混んでいるんですよ。
まあ、急ぐわけじゃないしなーとのんびり待っていたんです。

で、やっとこさ自分の番。
晩飯とおやつと生活用品を大量に入れてるので大変だー。
5000円近く買ってるので許してください、ごめんんさい。

そんなすっごく混んでた時に
「おい、スズメバチがおっとぞ!!」叫ぶ爺さんが。
声の方向を見ると、サッカー台と壁の間にスズメバチが・・・。
でも、遠目から見ても弱っていると分かるくらいなので
「なんかで叩き殺せば終わるなー。」くらいにボーっと見てたんですよね。

レジの人が「すみません、すぐに片付けますので!」って言ってたけど
レジは混んでるから出られない、ほかの店員もなんかバタバタしてて無理っぽそう。
人がいないんだなー、じゃあ、俺が代わりに殺しに行くかなーと思って一歩踏み出すけれども
「あ、レジ中に離れるのが一番レジ店員としては困るんだよな。」と思い直して留まる。
しかも、レジを通らない商品があって店員さんに謝られながら待つことに・・・。

そんなすっごく忙しい時にその爺さんは
「おい、さっさと始末せんか!」
「ここの店員は対応が遅いのぉ!!」
「刺されたらどうしてくれるんか!!客ぞ!!!」

迷惑なくらい怒鳴り散らしてくる・・・。

「おい!!はようせんか!!!」
しまいにゃ、俺の商品を打っている店員に怒鳴りつけるようになってきた。

「あのー・・私の商品あとでいいですから・・。」と話したが
「いえ、そうゆう問題ではないですので・・・。」と引き続きレジをするお姉さん。

そのすぐ横で爺さんはずっと喚いている。
「おい!早くせえというとろうが!!」
と、怒鳴り散らしたその真後ろで

バン!!!と叩く音。

お兄さんが雑誌でスズメバチを叩き潰していた。

「これでいいですか?」
ちょっと睨みながら爺さんを見ている。
「喚くくらいなら自分で始末したらどうなんですか?」
そしてスズメバチの死骸をゴミ馬に捨てて出て行きました。

「( ゚,_・・゚)ブブブッ」って笑ってしまったwwww

「だよなあ、あの人が殺せばよかったんだよなー。」
「言うてやんな、怖かったんだよ、スズメバチ。」
「ビビってたの爺さんだけじゃん、ほかの人すぐでて行ってたしさー」
「あー・・wwwそういえばwwwww」

うわあー、ヒソヒソ声が聞こえるよーーーwwwww

気まずくなったのか爺さん、荷物持ってさっさと出て行きました。

「いやあ、うるさかったですねー(( ´Д`)=3」
「すみません、こちらが動ければよかったんですが・・・」
「ああ、いえ、だいじょうぶですよ。この時間は忙しいですからねー。」
疲れきった店員さんに同情しました。

客商売ってホント大変だなー。
そう思った昨日でした。


喚くやつほどなーんもしないんですよね。
子供の時からそんな大人見てきましたから。

店員に偉そうに怒鳴りつける大人なんてかっこ悪いだけですよー。





スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。