日本文化を通してみる他国の違い

6月22日の西日本新聞です。
日本文化にたいする他国(といっても2国しかありませんけど。)の受け止め方の違いです。
日本語習得若者励む

アニメなどの日本文化は好きだけど、自分たちにした歴史は許せない。
だけど、ドラマをみて「今の日本と昔の日本は違う。」と判断し日本に行きたいと思うようになった。
日本で働いて日本人と結婚したい。

自分の利益しか考えていないのが特定アジア人らしいよなー。
彼にご忠告いたします。
今も昔も日本人は変わっていません。
日本人だからこそ、アニメ・マンガ・ゲームなどの娯楽が発達したんです。
歴史も勉強してくださーい。


でもってこちらがドナルド・キーンさんの記事です。
ドナルド・キーンさん
記事の内容はコチラ☟



「第二芸術は大切です。外国には残念ながら、第二芸術はないのです。」
日本文学研究者で文化勲章を受けたドナルド・キーンさんはそう語った。
敗戦の翌年、桑原武夫さんによる第二芸術論が発表され、俳句の前近代性、遊戯性を否定し、小説や戯曲などに比して第二義的な芸術だとされた。俳句だけでなく、短歌を含めた短詩型文学の否定論となり、俳人歌人に大きな衝撃を与えた。
だがキーンさんの考えは当時の論議とは少し異なる観点からの指摘だ。
「外国では大人になって詩を作る人は詩人しかいない。素人は詩人の作った詩を読むだけです。でも日本人は素人でも俳句短歌を作り、数百部の本にして家族や友達に配る。そのことがとていい。第一芸術は各国にあります。でも第二芸術が非常に大事なんです。」

(ここらは長いので省略します。)

「現在、俳句人口は100万人とも言われるほどいます。短歌を作る人もおおい。どうしてそんなことが起きたのか。そうゆう謎があった。まず正岡子規のことを考えなくてはと思ったのです。」
俳句も短歌も語数が少ない。組み合わせで作れる数も理論的には限られている。少し語数の多い短歌なども雅語の世界で作れば、数は限られる。
「でも、それまで誰も書かなかった日常的なこおを書く場合は無限の可能性が現れてくる。自分の庭にも俳句の材料がある。子規はそうゆう発見をして、俳句や短歌に新しい命を与えたのです。」

(ここも省略)

「短歌はみたものをそのまま書けるし、大きくする必要がない。外国の詩歌だとスタンザ(連)がいくつもある。英米文学に詳しい人の多くも実は詩歌の最初のスタンザを知っているだけ。でも短歌の場合は全部を知ることができる。木を見て森を見たようなことを言う必要がないんです。」

(省略)

「『源氏物語』はアメリカで四回目の英訳本がでます。ビルマ語版も出た。でも日本人は『源氏物語』を退屈だと言う。もしかしたら外国人の方が『源氏物語』を読んでいるかもしれせん。」
キーンさんによると、文法から教える古典の教育法も国文学嫌いを増やしている。それより「源氏物語」の現代語訳を読ませるべきだという。
「今は世界的に文化の危機の時代です。でも私はフランスやアメリカの心配をする余裕がないんです。私の専門は日本文学ですから。日本は今のうちに伝統を守るべきです。『源氏物語』はとても面白い物語なんですよ。」




なんか・・・勉強する姿勢とかその国をどう理解してるかとか・・・差がすごいですよね。
上っ面で分かったつもりになるのと 根っこまで知り理解し愛し探求するのと
ここまで差がでるんですねー。

あっちはビジネス、こっちは文学と立ち位置は違います。
でも私は日本人としてドナルド・キーンさんの方が好きです。

あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫)あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫)
(2001/07/31)
大和 和紀

商品詳細を見る


超訳百人一首 うた恋い。超訳百人一首 うた恋い。
(2010/08/04)
杉田 圭

商品詳細を見る


Jブンガク マンガで読む 英語で味わう 日本の名作12編Jブンガク マンガで読む 英語で味わう 日本の名作12編
(2011/01/21)
「Jブンガク」制作プロジェクト、 他

商品詳細を見る


マンガから文学に入ったほうが面白いかもww
こちらの三冊、オススメです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード