スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成の志士


昨年12月8日朝、石川県金沢市の石川護国神社で、22歳の金沢大生が切腹自決した。
彼は北海道出身で金沢市に住む大学4年生、Sさんであった。
警察が調べたところ、腹部と首に深い刺し傷があり、近くにはナイフと透明のビニールシートにくるまれた日章旗があった。

Sさんはナイフで腹を十字に切った後、自ら頸(けい)動脈を切って自決したものと判明した。
この日は小雨が降っており、国旗を濡らさないようにビニールに包んだものと思われた。
彼は黒のスーツにワイシャツ姿で、靴は脱いでそろえておいてあり、同日未明に人知れず自決したものとみられた。

彼が切腹した場所は、護国神社の境内でも奥まったところにある清水澄博士顕彰之碑の前であった。
戦後の新憲法施行に反対し、施行の年の昭和22年9月25日、「幽界より国体護持と皇室安泰、
今上陛下の御在位を祈願す」との自決の辞を残し、静岡県の熱海の海岸で投身自殺をした。

昨年の12月8日は、昭和16年12月8日の大東亜戦争(太平洋戦争)開戦から70年。
Sさんは大学で安全保障問題ゼミに属し、日頃、ゼミ仲間らに、日本の安全保障の在り方について、
熱っぽく語っており、自決のかなり前から、政府がきちんとした安全保障政策をとらないことに絶望する発言をしていたという。

彼が自決した前年には、中国の漁船が尖閣諸島の領海で海保の巡視船に衝突、民主党政権が船長を
釈放してしまうという失態を演じており、領土問題があらためてクローズアップされていた。

この事件は大学生の単なる自殺事件として処理され、地元メディア以外はほとんど報道されなかった。
だが、平成生まれの青年が、日本の安全保障政策に絶望して、切腹という手段で死を選んだ意味は決して小さくない。

小雨降る中、暗い神社の境内で、靴を脱いで正座し、人知れず十字に切腹して頸動脈を切るというのは、なまなかな覚悟ではできない。
これは国家、政府、国民に対する諫死(かんし)であり、憤死でもあろう。一周忌に当たり、あえて記した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121229/crm12122907340000-n1.htm



my日本でもランキング上位になるくらい話題でした。

1年以上経って・・・ようやく記事にしたか・・・。

Sさん・・・やっと貴方の気持ちが少しだけ世間にでたよー・・。
貴方の気持ちは大和魂を持つ日本人しか理解できないと思う。

私としては生きて戦って畳の上で家族に看取られながら死ぬ人生を選択してほしかったなあ。
ましてSさんのような真に日本を考えている若者は特に・・・。
my日本を知っていれば・・この選択は選ばなかったのかなぁ?

若者をここまで追いやってしまったのも大人の私らの責任。
あの世でSさんに会うまでにまともな日本に戻してやります。
で、Sさんに「どうだ!生きて日本を再生したぞ!!」って堂々と言って
一発ぶん殴ってやるんです。
「こんのバカヤローが!!!」って。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。