スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被爆手帳について。

だいぶ前に辞めたパートさんの話をさせてもらます。

子供の頃(3歳とかくらい)に被爆したのに被爆手帳が手に入らないオバさんがいる。
お役所に何回も行って話しているけど
「当時を証言出来る人はいるか。」とか「その時の状況を詳しく話して欲しい。」と
とにかく「証言・証拠」を出せという。
そんなこと言ったって母は死んだし、子供だったから覚えていない。
役所はどうしてこんなにも頭が固いのか。
そんなグチを聞いてました。

長崎に来たばかりの頃なので、被爆手帳というものが分からなくてクグってみました。



長崎市の場合(昭和20年8月23日までに次の区域内に入った者) 旭町1丁目・家野郷・家野町・井樋ノ口町・稲佐町(2〜3丁目)・岩川町・上野町・浦上町・江平町・岡町・大橋町・御船蔵町・寿町・駒場町・西郷・坂本町・幸町・城山町・瀬崎町・銭座町・竹ノ久保町・高尾町・高砂町・玉浪町・宝町・東北郷・西北郷・浜口町・橋口町・浜平町・福富町・船蔵町・松山町・御船町・目覚町・茂里町・本尾町・本原町・八千代町・山里町・梁瀬町


3.死体の処理及び救護にあたった者等(救護施設などで10人以上(1日当たり)の被爆した方の救護や死体処理などに直接従事した者,または当時の市域を結ぶ線内の海上で被爆した者)
4.上記各項に該当する者の胎児(長崎にあっては昭和21年6月3日まで,広島にあっては昭和21年5月31日までに生まれた者)

なお、現在は市町村名や区域の変更されている場合があるので、詳しくは各自治体の窓口などへ問い合わされたい。

申請の際には、
被爆者健康手帳交付申請書
申述書(兼誓約書)
被爆証明書(第3者2名以上の証言)
罹災証明書・在学証等公的機関が発行した証明書(証明書がある場合)
被爆当時の家族の状況票
理由書
住民票
戸籍抄本(胎児の場合)
印鑑

が必要である。なお、第3者の証言については無くても申請可能である。詳しい手続きについては各自治体の窓口などへ問い合わされたい。

手帳取得によって得られる支援
医療特別手当・特別手当・原子爆弾小頭症手当・健康管理手当・保険手当・介護手当(費用介護手当・家族介護手当)・葬祭料などの手当

また、指定医療機関・一般疾病医療機関での治療について、本手帳などを提示することで全額国費で、あるいは自己負担分を負担しないで受けることが出来る。また、なんらかの理由で手帳を提示しなかった場合についても、後日都道府県知事に払い戻しを請求することが出来る。ただし、自己の故意・過失などによって生じた病気・けが、放射線と関連のない疾病などについては給付を受けられないことがある。

被爆者健康手帳を巡る課題

被爆者が支援を受ける際に、本手帳が必要となるわけであるが、特に在外被爆者(海外で居住する被爆者)の場合について課題が多く残っている。また、現地医療機関で受けた治療について、医療制度の相違などから支援を受けづらいのが現状である。従来、在外被爆者が被爆者健康手帳の申請を行うためには、日本国内に来て申請する必要があったが、2008年12月15日から海外の日本大使館、領事館等で申請が可能になった。



へー、こんなのがあるんだぁー。
改めて被爆地長崎に来たんだと実感。
こんなすごい手帳だからこそ、なかなか申請がおりないとか。

そんな話を聞いてから何年か経ってこんな記事を見つけました。

被曝1

被曝2

被曝3


日本人でさえ取得が難しいこの手帳・・・
「差別」と主張すれば数ヶ月で取得できるのかと驚きました。

ちなみに、韓国人でも日本に住んでいるなら手帳は取得できるそうです。
でも、この人は韓国に住みながら日本の被爆手帳が欲しいと言っているわけです。
納税も帰化もしたくない、だけど参政権は欲しい、外国人参政権と同じですよね。

でもって私の感想。
「80以上も生きてたら
どこかしら体も悪くなるだろうよ。」


やっぱり歴史の勉強は必要不可欠だと実感した話でした。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。