my日本に入って知った通州事件。

通州は、北平(現:北京市)の東約12kmにあった通県(現:北京市通州区北部)の中心都市で、日本人を妻とする殷汝耕が南京政府から離脱して設立した冀東防共自治政府が置かれていた[2]。また、北京議定書に基づき、欧米列強同様に日本軍が邦人居留民保護の目的で駐留していた。

第二十九軍による日本軍攻撃 [編集]

1937年7月7日に中国軍による駐留日本軍(この部隊は元々、通州に配置されようとした際に、梅津美治郎陸軍省事務次官が京津線から離れた通州への配置は北京議定書の趣旨では認められないと強く反対したために代わりに北京西北の豊台に配置された部隊であった[3])への銃撃に端を発した盧溝橋事件が勃発し宋哲元の第二十九軍と日本軍が衝突した。まもなく停戦協定が結ばれたが、7月13日に再び日本軍への銃撃事件が引き起こされ(大紅門事件)、7月25日に三度日本軍への攻撃がなされ(廊坊事件)、続く7月26日にも日本軍への攻撃が繰り返された(広安門事件)。

国民政府によるデマ放送 [編集]

7月27日に中華国民政府はラジオ放送を行い[4]、その中で「盧溝橋で日本軍は二十九軍に惨敗し、豊台と廊坊は中国軍が奪還した」との虚偽報道に続き[4]、「最近北京における軍事会議の結果、蔣委員長は近く二十九軍を提げて、大挙冀東を攻撃し、偽都通州の敵を屠り、逆賊殷汝耕を血祭りにあげる」と報じた[5][4]。これを受けて冀東保安隊が日本人を襲撃することとなった[2]。

冀東防共自治政府保安隊と第二十九軍の関係 [編集]

冀東防共自治政府保安隊の幹部張慶餘と張硯田は密かに第二十九軍との接触をもっていた[4]。このような中、第二十九軍の通州攻撃を防ぐために開かれた軍事会議上で張慶餘と張硯田は分散していた配下の保安隊を通州に集結させることを提案し、日本人保護のためであると騙された日本陸軍の通州特務機関長細木繁中佐[6]もこれを了承していた[4]。保安隊が集結し準備が整うと深夜に通州城門を閉鎖し、通信手段を遮断すると決起がなされた[4]。

日本人虐殺 [編集]

7月29日、千数百人の冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が[1]、華北各地の日本軍留守部隊約110名と婦女子を含む日本人居留民約380名を襲撃し[1]、260名が惨殺された[1]。これにより通州特務機関は全滅。

また、当時大使館付陸軍武官補佐官であった今井武夫は、「もっともこれは単に通州だけに突発した事件ではなく、かねて冀察第二十九軍軍長宋哲元の命令に基づき、華北各地の保安隊がほとんど全部、29日午前2時を期して、一斉に蜂起し、日本側を攻撃したものである」と述べている[7]。

生存者の証言・記述 [編集]
九死に一生を得た日本人女性の発言「日本人は殆ど殺されているでしょう。昔シベリアの尼港事件も丁度このような恐ろしさであったろうと思います。」[8]。
吉林生まれで5歳時に河北省の通県で一家の父母と妹が虐殺された者が、中国人看護婦により自分の子であると庇われ、九死に一生を得て日本に帰還した。父は医院を開業していたが、保安隊が襲う直前に遺書を書き中国人看護婦(何鳳岐:か ほうき)に預けたという。[9]外部リンク[10]には家族の実名が出ている。

通州事件1

通州事件2









画像検索したらでてきた通州事件。
あまりにも酷いのでワンクッション置かせてもらいます













通州事件6

通州事件5 通州事件4 通州事件3









この話に関しては「ねずきちさんの日記」が詳しく説明してくれてます。
よろしければクグってください。



my日本で知った事件です。
日本人には思いつかないこの残虐な方法・・・
しかも軍人だけでなく年端の行かない子供や婦女子まで・・・
ありえません、しかもこれを民兵がやったんですからね・・。

いかに民度が低いか伺えます。

75年経過した今でも似たようなことが起きようとしているんですから。
本当に信じられない国です。


それでもなお、仕事や観光で中国に行くあほがいる。
平和ボケも大概にしとけや 日本人。
ホント、危機管理能力がない民族だな・・・。
正直、言っても分からない馬鹿は死んでもしょうがないですよね。

そして、一番信じられないのが外務省。
今だに渡航禁止を出さない!!
要注意ってなんだよ?!
仕事する気あんのか?!
外務省が無能だから通州事件が起きたんだよ!!


外務省ってなんの仕事してるんだろうなー。

民主にしても外務省にしても
日本国民守る気ないんだったらやめてくれないかなって思います。

いや、もうホント・・・仕事してくれ。
そして国民は時事問題をもっと理解してくれ。
それが身を守ることでもあるんだから・・・orz



スポンサーサイト

テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード