誰も指摘出来ない対中ODAを指摘する

my日本 ひろすさんからのお話です。

【拡散希望】誰も指摘出来ない対中ODAを指摘する

昨日は、イリハム・マハムティと共にmy日本spread!!に参加させて頂きました。管理人さん、jklさん、そして放送スタッフや、チラシ配りに参加されていた皆様、そしてニコ生をご覧頂いた皆さま、本当に有難うございました。

管理人さんやjklさんと共に色々なお話をさせていただきましたが、請願署名、11月12日の講演会、そしてイリハムの著書紹介もさせて頂きました。是非、ウイグルの現状と、そして日本が果たすべき役割についても知って頂けたらと思います。

ニコニコ動画のタイムシフトでは、多くのコメントが寄せられていましたが、「左の人だけ遠近法的におかしい」というコメントが一番傷つきました(笑)。めげずに頑張っていきたいと思います。


昨日のmy日本spread!!の中でも少しだけご紹介をさせていただきましたが、12月3日(土)に以下の勉強会を開催します。

講師の青木先生にお話の中身はお任せしていますが、表題になっている部分だけではなく、北朝鮮拉致問題を解決させる為に、この「援助カード」をどのように活用すれば良いのかという点にも触れると思います。そして対中ODAという「援助」一点にスポットを当てて行われる勉強会はこれが初めてでしょう。

是非、様々な立場の方と中国で弾圧される被抑圧民族の為に、そして日本を守るために、具体的なソリューションを見出せる有意義な勉強会にしたいと思います。宜しくお願いします。


日本ウイグル協会主催
『日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~』

日時:12月3日(土) 18:15開場 18:40開始
場所:品川区総合区民会館(きゅりあん) 6F 大会議室 (東京都品川区東大井5-18-1)
JR大井町駅東口 徒歩1分 東急大井町線大井町駅 徒歩2分

JR大井町駅東口を出ていただくと、会場は目の前です。正面から入らず、その建物を右に回りこむようにお進みください。大会議室などに向かうための専用の入口がございます。

講師:青木直人氏(ジャーナリスト)
参加費:1500円

my日本にもコミュニティあります。
<青木直人を応援する会コミュニティ>

ウイグルコミュニティはこちら
<ウイグル(東トルキスタン)コミュニティ>

『日本の対中援助~ウイグル、チベットを侵食する「援助」を知る勉強会~』

今回、ジャーナリストの青木直人先生をお迎えして上記のようなテーマの勉強会を企画しました。文字通り、国民の税金が原資となる日本の対中援助がウイグルやチベットにおける中国政府の民族浄化政策においてどのような役割を担ってきたのかということを知るための勉強会になります。

青木先生は長年に渡り中国を中心とする東アジア情勢について緻密な取材を重ねられ、日本の対中援助の内幕についても長期の取材を重ねて来られました。その実態を把握している唯一のジャーナリストです。

青木先生の御著書や2009年春から発行されている「ニューズレター・チャイナ」を拝見しても、ウイグルやチベットへの漢人の流入及び、西部大開発に繋がるインフラ整備などに日本からの援助が活用されてきた実態が具体例を含め克明に述べられています。

私達は、本来であれば遵守すべき政府開発援助大綱(ODA大綱)を逸脱した援助が成されているということを認識し、それが日本国民の税金で行われている現状を世に問い、疑問を投げかけていくことも必要ではないかと考えました。

又、一人でも多くの日本国民にウイグルやチベットにおける問題を身近に感じて頂く上で、そして、ウイグル、チベットで起こっている数多くの問題を日中関係おける最重要課題の一つに引き上げる上で、非常に大切な要素なのではないかとも考えております。

私達は運動を継続し広げていくだけでなく、ここ日本から中国に向けて強烈なメッセージを与え続けていかなくてはなりません。

ウイグルやチベット弾圧に加担しかねない対中外交の路線変更が成され、未来永劫中国への援助が少数民族弾圧に利用されない様に、そして、今なお続いているあらゆる援助に一定の楔を打ち込めることが出来るように、まずはその実態を学ぶ機会を設けたいと思います。

一人でも多くの方にご賛同頂き、本勉強会にご参加頂ければ幸いです。何卒、宜しくお願い申し上げます。


今回の講師、青木直人先生の経歴、著書は以下の通り

中央大学卒業後、民間シンクタンクで中国動向を分析し、フリーランスとなる。
1987年に、大韓航空機事件の犯人金賢姫のマカオアジトを取材し、韓国最大の日刊紙「朝鮮日報」に全文掲載される。1988年には、中国社会科学院のソ連東欧研究所を取材。その翌年は、中ソ首脳会談が実現すると世界に先駆けて予想した。経済産業省高官向けの内部レポートを毎週作成。主に中国台湾朝鮮半島の動向分析を担当。中国、朝鮮半島、東アジアの政治、経済動向に精通した知識をもとに、多数著書も出版している。

又、2009年3月からは会員制のニューズレター「ニューズレター・チャイナ」の編集長として、毎週あらゆる題材のテーマで中国、東アジア情勢を読み解くレポートを発信している。最近の主なテーマは「池田大作と中国共産党」「水増しされた日中友好劇~SMAP北京公演の裏事情」『福島原発事故・「中国には賠償請求権がある」論文の登場」。
 
主な著書
『尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(西尾幹二、青木直人・ 祥伝社)
『どっちがおっかない!?中国とアメリカ』(田母神俊雄、青木直人・幻冬舎)
『米中同盟で使い捨てにされる日本 』(徳間書店)
『終わらない対中援助』(古森義久、青木直人・PHP研究所)
『北京五輪後に何かが起きる・21世紀の義和団事件』 (PHP研究所)
『敵国になり得る国米国』 (PHP研究所)
『中国に喰い潰される日本』 (PHP研究所)
『「拉致」処分』 (ビジネス社)
『北朝鮮処分』 (祥伝社)
『中国ビジネスのウソ』 (宝島社)
『田中角栄と毛沢東』 (講談社)
『中国に再び喰われる日本企業』 (小学館)
『日本の中国援助ODA』 (祥伝社)
『歴史の嘘を見破る』 (文藝春秋・共著)



なんであんな国にずっとお金を渡すのか疑問に思っていたんですけど
議員がハニトラでキックバックで売国奴だからだったんですね。
あと「面倒くさい」って気持ち?

今なら被災地復興として「おまえにODAやれん」ってできるよな?
というか、被災してる国から金もらうって最悪じゃない?
どんだけ●食なんでしょうか。

民主議員はこの勉強会に参加したらどうですか?

ネットニュースで民主議員のアホ発言を見るたびにおもうこと・・・

「my日本メンバーのほうが民主議員より頭いいよね。」

勉強している時間とか読んでる本とか、とにかく凄まじいもん。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード