スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親が特定され子供は保護されたようです。

駅構内で子供を蹴り倒す母親の動画がうpされた件(躾?いいえ、これは虐待です。)ですが
その後親が特定されて子供は保護されたようです。



ネット上で大きな反響を呼んだ「渋谷駅で女性が幼児を蹴り倒す動画」。人々が行き交う駅の構内で、小さな子どもが母親らしき人物に頭を蹴られて倒れこむ様子は、多くの人に衝撃を与えた。この問題の女性が「特定された」という報告が6月27日までに、動画の撮影者のもとに、警察から寄せられたことが分かった。

動画を撮影し、フェイスブックで公開した会社員の嘉瀬正貫さん(38)によると、その女性は「動画に映った本人だ」と、警察に認めたのだという。警察は「児童相談所と連携して対処している」とのことだ。

渋谷警察署から電話で連絡を受けた嘉瀬さんは、「最初に相談した際には『見つかりっこない』と言われていた。こんなに早く特定されるのかと思った。動画が反響を呼んだことで、警察に多くの情報が寄せられたのではないか」と話している。

●「虐待をどう防ぐか」議論の深まりに期待
今回の件について、「ひとまず、児童相談所につながったことで、母親も暴力を振るいにくくなっただろう。良かった」。こう述べる嘉瀬さんだが、一方で、「動画を撮影したとき、すぐに警察や児童相談所に相談・連絡しておくべきだった」と、反省する言葉も口にした。

動画を撮影してフェイスブックに投稿したのは、今年3月。警察へ相談したのは、6月になって動画に数多くの反響が寄せられてからだった。

児童虐待防止法6条1項によると、虐待を受けた児童を発見した人は、福祉事務所などに通告する義務がある。そのことについて、嘉瀬さんは「残念ながら知らなかった」としたうえで、「こうした現場に遭遇した際、一般人はどう行動すれば良いのか。110番のような通報先を設けて、もっと認知度を高めていくことも必要かもしれない」と指摘していた。

嘉瀬さんは「今回の動画は、ひとまず役割を終えたと思うので、近日中に削除する。ただ、ほかにも虐待を受けている子どもたちは、たくさんいるはずだ。今回のことをきっかけに、虐待をどうなくしていくのかについて、議論が深まればと思う」と期待していた。

(弁護士ドットコム トピックス)




悪い人ばかりじゃないんですよね・・・多分。
どう対処していいか分からないから、生半可に関わるよりは・・ってことで「放置」になるんでしょうか。
昔ならいざ知らず・・今はネットで簡単に調べられるのになあ。

もし発見したら児童相談所 全国共通ダイヤルで調べて
勇気を出して通報してください。
躾だったら・・なんて思わないでください、頭に蹴りを入れるのはただの暴力です。
子供だってバカじゃない、同じ目線に立って時間をかけて話せばちゃんとわかってくれます。
大体、外に一緒に出てイラつくんだったら家で留守番させときゃいいんですよ。
子供はあんたら親のサンドバックじゃないんだっ!!

オレンジリボンという
幼児虐待防止活動があります。

オレンジリボン運動こちらのサイトを一度見てください。
ちなみにこのサイトはニコ動で自民党員が宣伝してから知りました。
政府も児童虐待を問題視して動いてはいるんですが・・難しいみたいですね。

政府が動いてくれたらたくさんの子供が救われるんだがなあ・・・。

まずは私たち大人の意識を変えたほうがいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。