スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電のためにニコ動でホラーリンク見てたけど・・・・・・・ひいいいいいい!!!

「あなたは私の子供なんだから一緒にすみましょう。」と
知らないおばさんに強引に手を引かれる子供の自分の夢をみました。
子供にとって知らない大人に連れて行かれるのは恐怖です。
連れて行った先でとても怖いことが起こる!そう思った私は必死で抵抗して手を振り解き、無我夢中で逃げて隠れました。
隠れるのが得意な私でしたが、どんなところに隠れても「そんなところにいたの?」と見つけてくるんですよね。
逃げながら「助けて!」と叫ぶんですが、私が住んでいた団地が霧がかかっている上に人が誰もいない・・まさにサイレントヒル状態。
3回目に見つかった時にはあまりの恐怖に気絶しました。

・・・で、目が覚めたんですよ。
「うおーーー、今日の夢・・マジ怖かったー・・。」
あー・・・仕事いくか・・・と寝不足の頭を無理やり起こした目線の先に夢の中のオバさんが笑って立っていました。
自分の声とは思えない叫び声をあげ、パニックになる私。

そのオバさんが笑いながらゆっくり近づいてくるんですよ・・・

「殺さなきゃ!!こいつずっと追いかけてくる!!」
そう思った自分は、オバさんの首を絞めていました。
もう必死で手に力を込めて、首の骨が折れるまで絞めました。
殺した・・・と、安心したとたん・・・「酷いことするわね」と背後に笑って立つオバさんが!!

ソイツも必死の思いで殺しました。

家の廊下を2体の死体を引きずりながら
「ああ・・・あとコイツを何人殺さなきゃいけないんだ・・?くそ・・・いっそのこと狂えたら楽になれんのに・・・。とにかく、戦う準備しとかないと・・・」
何気に冷静に考えながら台所に包丁を持ってこようとしてるところで・・・・

やっと本気で目が覚めました。

起きてまずはじめにしたこと。
旦那を起こして
「家の中に誰もいないことを確かめて!!」
リビング、トイレ、お風呂、玄関、押入れを見てもらって
「誰もいない?!笑ったオバサンいない?!大丈夫?!」
旦那の背後に隠れて聞く私。
「いないけど・・・なんなの?朝から・・?」
不機嫌な顔した旦那にやたらリアルだった夢の話をしました。

「ニコニコ動画でホラーリンク見まくってるからそんな夢みるんですよ。
 影響されやすいうえに怖がりなのに、なんで見るの。ネット禁止にしますよ?」

「だって、夜暑いんだもん 怖い話聞いたら体感温度が5度下がるっていうし・・・・。」

「だから無理な節電はやめなさいって言ってるじゃないの、怖い夢見て精神汚染されるくらいなら、もうクーラーガンガン効かせてゆっくり寝たほうが体にもいいでしょ?九州が節電しても電力は東北にはいかないんだから。」

 「・・・・ムス」

「テレビつけてないぶん、かなりの節約になっているんだからいいじゃないの。気にしないでクーラー使いなさい。」

・・・・・・・・怒られました。
私、喘息もちだからクーラーあたりすぎると喉やられてしまうんですよね。
とりあえず、扇風機だけでもつけます。

・・・でもあの夢は本当に怖かった・・・。
現実と夢の区別がつかないって怖いですよね。
「殺られるまえに殺る」という考えにいたった自分の本性にビックリかも・・。
ホラーリンク見るの控えよう・・。

でも・・・・



こんな可愛いお話もあるからやめられないんですよねー。
しかもこの神社、バスで30分のところだし・・・。

あの怖い夢も気になるのでお払いしてもらうために神社に行ってみます。

あーあ、楽しい夢を見たいなあ。


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。