30歳の保健体育が終わってしまった・・・。

30歳の保健体育が終わってしまった!!
30歳の保健体育 Step1 [Blu-ray]30歳の保健体育 Step1 [Blu-ray]
(2011/06/24)
不明

商品詳細を見る

最初は馬鹿にしてたアニメだったけど
パロディありーの、やたら共感するところありーので・・・
最終回まで見てEDに不覚にも感動してしまった・・・・。

電車男(オタク男の恋愛)
電車男 スペシャル・エディション [DVD]電車男 スペシャル・エディション [DVD]
(2005/12/09)
山田孝之、中谷美紀 他

商品詳細を見る


海月姫(オタ女の恋愛)
海月姫(1) (講談社コミックスキス)海月姫(1) (講談社コミックスキス)
(2009/03/13)
東村 アキコ

商品詳細を見る


げんしけん(オタク男女の恋愛)
げんしけん(1) (アフタヌーンKC (1144))げんしけん(1) (アフタヌーンKC (1144))
(2002/12/18)
木尾 士目

商品詳細を見る


モテキ(オタ男が急にもてだしてとまどう恋愛)
モテキ (1) (イブニングKC)モテキ (1) (イブニングKC)
(2009/03/23)
久保 ミツロウ

商品詳細を見る


異性と話すこともできない人が頑張る恋愛って大好きです。

リアル住人からしたら「なんでそんなことできないの?」って思われるだろうが
対人恐怖症で異性恐怖症に陥ったら当たり前のことができなくなるんだよ!!

なんか10代のころは「恋愛していないとダメ!!」
なんて思考が周囲にあってものすごく窮屈だった。
好きな人は二次元キャラなのに、そんなの正直に言ったら馬鹿にされるかキモとか思われるから
「隣のクラスの○○君がスキー(棒読み)」なんて適当に言って誤魔化してた。
そしたら周囲が勝手に盛り上げて「告白しなよ!」「応援する!!」なんてウザいことになって・・
ルーズリーフを切って「スキです」なんてエンピツで書いて机に入れて
「きゃーー!やっちゃったー!!恥ずかしいから帰るね!!」とか周囲に合わせておきながら
本心はドラゴンボールの再放送に間にあわねえんだよ!だった。

そのルーズリーフの告白の結果は悲惨だった。
他人から「なんかイヤだったみたいよ。」なんて聞かされて
軽くショックを受けると同時に・・
私に好かれてもうれしいと思う男子はいないんだなあと思った。
勝手に盛り上がっていた輩は
「がんばって可愛くなって見返してやろうよ」
「また違う人を好きになればいいよ」
・・・・・・・・なんて迷惑極まりないことを言ってきた。
「告白したら私も○○君に告白するって言ってなかった?」
俺がしたら私もするーなんて約束してたよな。
しないの?って聞いたら驚きの答えが返ってきた。
「だって振られたら今回みたいに噂になるのが怖いもん」

・・・・・・・ってことは何かい?
俺は実験体だったのかい?
ふざけんな!
別に好きでもなかったけど、異性に嫌われるってすっげえ傷つくんだぞ!!

もう二度とこんなことはしねえ!と決意した中学の思い出でした。

そうゆうこともあって高校入学しても恋愛話は一切しなかったです。
1年生のときに誰かが学校1カッコイイ先輩に告白して振られたとか話を
高校3年になってもまだネタにされているときは
「・・・・・・・・これだから田舎の学校は嫌なんだよ。」と心底ウンザリしたことがあります。

愛とか恋とか大っっ嫌いな人間でした。

そんな恋愛に関して非常にナナメな思考と視点をもっていた私だから
「電車男」は衝撃でした。

見終わった後に幸せな気分になれる恋愛映画を初めて見たなあ。

今でも電車男大好きですw
ドラマCDバージョンの電車男があったので聞いたけど
クオリティ高くて良かった!!
声優さんが豪華で演技レベル高い!脚本もちゃんとしてる!
効果音が遊びまくってて面白い!!
聞いててずっと2828が止まらなかったです(*^^*)



電車男とエルメスさんが今どうなってるか・・・。
幸せになっているといいなぁ
あの時アドバイスした2ch住人のみんなも幸せになっているといいなぁ。

人の幸せを願えて喜べる人は皆幸せになってほしいな。

保健体育スタッフの
「願わくば幸せなカップルが一組でも増えますように。」
拍手喝さい!!

幸せになる話っていいよねw
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード