スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがイギリス!!皮肉書かせりゃ世界一!!

英紙フィナンシャル・タイムズ中国語電子版は、記事「中国高速鉄道は英文マニュアルが大好き?」
を掲載した。

中国各地に一流の技術を持つ高速鉄道が次々に登場していると中国鉄道部は発表。しかも完全な
中国製であり、中国人エンジニアチームが開発したと強調している。なるほど、この中国が
知的所有権を保有する高速鉄道の開発者たちのレベルは、中国鉄道部の宣伝以上のようだ。なんと
新型高速鉄道のマニュアルは中国語ではなく、英語で書かれている。

これは中国高速鉄道最初の運転士である李東暁(リー・ドンシャオ)をたたえる宣伝資料によって
明らかになったものだ。李氏が自ら語ったエピソードによると、2008年の北京・天津間高速鉄道開通
前、「君に運転は習得できない」というドイツ人エンジニアと賭けをして、わずか9日間で英語マニ
ュアルを翻訳。運転をマスターしたという。

気になるのはなぜこれほど先進的な高速鉄道を開発した中国人エンジニアが、わざわざ英語の
マニュアルを作って、中国語しかできない運転士に見せたのかということ。本来ならば、
シーメンス、アルストム、ボンバルディア、そして川崎重工など外国企業の技術を「消化」し
「国産高速鉄道」と名乗る前に、マニュアルを翻訳しておくべきだったが、忘れていたという
ことだろうか?

今、中国は海外市場に「国産高速鉄道」の販売を始めている。米国、オーストラリア、ブラジル、
タイ、サウジアラビア……。将来、導入が予定される国の運転士には果たして何語のマニュアルが
提供されるのだろう。



ものごっつい皮肉に大爆笑!!
さすが、イギリス!!紳士の国はちがうねえwwwwww


もともと日本の技術をパクったものだからね。
安全性なんか無視すればいくらでも早い乗り物は造れますよ。
しかし説明書が英語ってどうなってるんだ?!
しかも運転手は英語がわからない?!
おまえ、トラブルにあったときのためにマニュアルってのはあるんだぞ?!
なにそのアカヒ・ゴミウリ新聞レベルのマニュアル
まさにゴミだな。

これは絶対にありえない大事故が起こるぞ。
でもこいつらのことだから絶対に日本のせいにするんだろうな。
日本が事故が起こるような技術を教えたからだ!!
とかなんとか言って・・・・

ん?待てよ?

完全に中国が開発したっていってるんだから・・・もしこれで日本のせいにしたら技術を盗みましたって
自白するようなもんだよな?!

うっわああああwwwなにこれww
おーもーしーろーいーっっ!!!

中国産高速鉄道がこれからどうなるか、本当に楽しみだ!!!
スポンサーサイト

テーマ : 大手メディアが伝えない情報
ジャンル : ニュース

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。