スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化とはこうして広がっていくものなり。



「聖地」でジャッジに感激
=スリランカ人のスジーワ審判員―選抜高校野球



 23日に行われた選抜高校野球大会の1回戦で、スリランカ人のスジーワ・ウィジャヤナーヤカさん(31)が審判員を務めた。外国出身者が春夏の甲子園で審判員を務めるのは極めて異例。スジーワさんは「うれしかったし楽しかった。夢をかなえることができた」と声を弾ませた。
 第2試合の仙台育英―神村学園戦の二塁塁審で、「聖地」甲子園球場のグラウンドに初めて足を踏み入れた。きびきびとした動作で打球やプレーを追い、毅然(きぜん)とジャッジ。三回に神村学園が試みた二盗をアウトと判定した場面は、「100%自信があった。よく見えた」と胸を張った。
 母国で高校時代に野球を始め、2006年に大分県の立命館アジア太平洋大学に留学した。07年に審判員の講習会に参加。10年春に初めて訪れて感動した甲子園に、今回は福岡県高校野球連盟の推薦で派遣された。
 「山に登って、また高い山に登りたくなった。甲子園で学んだことを生かして世界を結びたい」とスジーワさん。野球を通じた次の夢を口にした。 



スワージさんのインタビューをニュースで見ましたが、感動で目がうるうるしてるのを見て
本当に野球が大好きなんだなーと・・嬉しくなりました。
炎天下の中で子供に運動させるって・・ないわーーー・・なんて思っていた日本人の私w
野球は好きですよ?旦那の解説がないとよく分からない部分もありますけど、
勝つためにチームのためにと、頑張る人間性とかドラマとか大好きです。
でもさすがに・・35度の炎天下で野球はねえ・・・熱中症とか色々心配なんですよ。
今は昔みたいな気候ではないですからねー・・せめて季節を変えるとか、温度調節のできるドームに変えるとか、球児の体と心の負担をかけないようにしてもらいたいです。

まあ、それはさておき
「うれしかった、楽しかった、夢をかなえることができた。」と喜んでいるのがいいですね。
また甲子園で審判員してほしいです。

文化とはこのように広がっていくものなんだなあ・・としみじみ感じた記事でした。
スポンサーサイト

お土産に銀座ウエストのお菓子はいかがですか?

my日本 少尉さんからの日記です。


福島産バターの使用決めた「銀座ウエスト」 脱原発派の批判にも「513年間食べなきゃ基準値に達しない」
通報する
J-CAST ニュース
http://www.j-cast.com/2014/09/25216736.html?p=all

リーフパイで有名な老舗洋菓子店「銀座ウエスト」が菓子に使用するバターの一部を福島産に切り替えると告知したところ、大きな反響を呼んでいる。

公式ツイッターアカウントには一部の人たちから問題視する声が相次ぎ寄せられることとなったが、その後も社としてのスタンスを表明。揺るがない姿勢が多くのファンから支持されている。

「いたずらに敬遠する事は風評被害を拡大する」

同社は2014年9月3日、看板商品のドライケーキ「ヴィクトリア」と生ケーキ用バタークリームに使用する無塩バターの約27%について、9月1日以降の仕入れ分から福島産原乳を使用したものに変更するとツイッター上で告知した。

福島県内の各乳業施設は毎週1回、放射性物質調査を実施している。牛乳のセシウム(134、137)基準値は50Bq/kg。検出下限値は測定条件や測定試料によって毎回異なるが、ここ1年の値を平均すると2~4Bq/kg程度だ。調査結果をみると、飯館村の乳業施設で5Bqのセシウム137を検出した2011年5月以降は検出下限値を下回っている。

銀座ウエストはこの調査結果に触れた上で、

「科学的根拠に基づき、安全が確認されている以上、いたずらに福島産食品を敬遠する事は風評被害を拡大することにほかなりません。ウエストでは安全が確認された福島産食品を今後継続使用していくことを考えております」

と表明した。

ツイートはすぐに反響を呼び、「断乎支持します。優れた材料を自ら評価して使うのは、立派な見識」「こういう形で復興支援になるのであれば、喜んで力になりたいと思います」といった支持の声が数多くあがった。

しかし一方で一部から疑問や非難の声も寄せられた。送り主はおもにプロフィール欄に「脱原発」「反放射能」などと書かれた人たちで、

「うわぁ。。もうWESTのお菓子は買えない...」「放射能汚染の酷い銀座だけに、脳被曝してるのかしら?」「銀座ウエストが福島産食品使用を宣言とは!また人生の楽しみがひとつ減った。さらばリーフパイ。さらばウエスト」

などと今回の決断を問題視した。

銀座ウエストもこうした反応があるのは覚悟していたようで、4日には「多くのご批判を覚悟の上でのツィート(原文ママ)でしたが、思った以上のご賛同を頂き、驚くと同時に勇気も頂き、本当にありがとうございました」とツイート。その上で、自社だけでなくすべての食品会社が安全と判断した福島産食品を臆さず使用していくことが早期復興につながるとの思いを綴った。

次々回答「バター価格が産地により安くなることはない」

しかしその後も放射能被害を心配する一部の人たちからの反論はなかなか収まらない。同社アカウントは、

「最終的には、消費者の皆様其々のお考えに従ったご判断に依る事になりますので本アカウントをこれ以上ベクレル論争の場とする事は本意ではありません」

と議論の収束を求める一方で、いくつかの疑問には真摯に回答を続けた。

たとえば、福島産バター使用の告知の有無について聞かれると「この程度の放射線が健康に影響を与えることがないとの判断により決定した事ですので、店頭や箱の原材料表示に明記する予定はありません」とコメント。

測定値が変化した場合の対応については「下限値~国の基準値までの数値が出た場合公表、放射性セシウムの新基準値50Bqを超えた場合は当然使用中止いたします」との見解を示した。また、福島産使用はコストカットのためではないかとの指摘に対しては「弊社に関してはバターの価格が原乳の産地により安くなることはありません」と否定した。

24日には、看板商品「ヴィクトリア」1個当たりのセシウム量を計算(原乳から精製バターに移行する放射性物質を最大4%、測定下限値を最大3Bq/Kgで試算)し、「50Bqに達するには1日1個食べ続けて513年掛る事が判りました」と途方もない数字を叩き出した。

J-CASTニュースでは詳しい話を聞こうと取材を申しこんだが、24日にツイッターで「幕引き」としていたこともあって応じてもらうことはできなかった。

同社がこうしたスタンスを取ったのは今回が初めてではない。公式ツイッターでは震災後すぐの2011年4月の時点で、安全性が確認された食品は福島産であっても使用するとの意向を表明していた。同時に「皆が疑心暗鬼になって公の発表を信用できなくなった時こそが『食の安全』の危機ではないでしょうか」とも消費者に呼びかけていた。



なんですか、このお店っ!!!
すっごいカッコいいんですけどっ!!!
やはりちゃんと勉強しているだけあって対応が毅然として素晴らしいですっ!!

大体、皮膚がんという病気が出だしたのも長寿になったからであって
いままで人生50年とかだったら出現することのない病気だったんですよ。
(発病する前に死ぬからな。)
放射能ですぐ死ぬわけありません。
長崎だって原爆で死んだ理由は爆風や熱・ガラスなどの破片、崩壊した建物の圧死ですよ?
もし放射能で死ぬんだったら、レントゲン技師なんてどうしたらいいんですか?
長崎に住んでる私も被爆者になるんですか?
私は多少喘息があるものの、長崎来てから吐血なんてしたこともありません、抜け毛もありません。
健康っちゃ健康な体です。(デブだけどな。)

被災地復興を本気で考えるなら、自分で調べて勉強して知識を得て、商品を買ってください。
本当の支援ってゆうのは、絆というのはそうゆうものではないでしょうか?

銀座ウエスト、いつか東京に遊びに行った時に買い物させてもらいます。

いいお話きかせてもらったなあ。

硫黄島に眠る英雄に一杯の氷水をお供えお願いします。

my日本
ミリレザリアさんの日記 からです。


硫黄島に眠る英霊に一杯の氷水を

フェイスブックからすべての日本人へ8/15イベント告知

 
ご家庭 職場などで
硫黄島では、今なお10000人以上の日米のご英霊がご遺族のもとに帰還できず、滑走路の下で眠っておられます。

戦いのさなか、真水のない島で彼らは雨水を瓶に貯めては口にするも、すでにお湯ほどの熱さになっており、唇に火傷を負った兵士もいたと聞きます。

地獄のような暑い豪の中で、どれほど一杯の冷たい水が飲みたかったか。ある帰還兵は、「冷たい水が飲めるなら死んでもいいと思った」とまで証言されています

どうか、みなさま、硫黄島のある南に向かって、毎日一杯の氷水をお供えし、お祈りをしていただきたく伏してお願い申し上げます。

そして、最後にはご英霊に代わって、一緒にその氷水を飲んでいただきたいのです。そうすれば必ず英霊も氷水を口にすることができると心から信じています。

「帰って来てから水のことが忘れられない。地下壕でじっとしている間、タンクにある水だけが頼りだった。仲間が死ぬ寸前、水をくれというので、水と言っても60℃ぐらいありますから熱湯です。その水を末期(まつご)の水として、仲間の口にあててやるんです。そうすると熱湯だから唇が腫れるんです。だから、今はキンキンに冷やした水を仏壇に供えてやっているんです」 金井啓元海軍下士官



硫黄島の英霊に
・・・だからなんで真っ直ぐにならないんだーーーっっ!!!

お線香もしたんですけどね。
英霊の皆様が飲んでくれたら嬉しいです。
お盆が終わるまでお供えします。

ミリレザリアさん、情報ありがとうございます。

日本を知ると絶対に好きになるよ

my日本、少尉さんの記事を見てからサイトへ見に行きました。


かぞくチャンネル

6年ほど前、俺が大学3年生で一人暮らししてたころ、朝日の勧誘が来たんだ。見た目俺と同じくらいの若いヤンキー風の金髪ピアスなあんちゃんで、少し不機嫌な顔しながら新聞薦めてきた。

朝「朝日なんですけど、新聞どうですか?」

俺「もう読売取ってるからいらない。それに朝日は嫌いなんだ。ごめんね」

朝「さっき勧誘した人も朝日嫌いだって言うんですよね。新聞なんてどれも変わらないじゃないですか」

俺「情報は大して変わらないけどね。コラムが嫌われてるんじゃないかな」

朝「え、どういうことすか?意味わかんないでこれで説明してください」

と言いながらポストに突っ込んだままの読売新聞抜き取って俺に渡してきた勧誘員は本紙もってないとはいえ、本当に常識ねぇなと思いつつ真面目に対応。コラムとはなんなのか、朝日はどういった事を書いてるのか説明

俺「で、朝日は日本嫌いで、いつも日本批判ばかりしてるから嫌いなんだよ」

朝「俺だって嫌いですよこんな国!だって~~」

俺「君や朝日が日本を嫌うのは自由だけど、俺は好きなの。今だってコタツに入ってりゃ幸せだし、宗教自由だから食事の前のお祈り、はいただきますの一言だけ。

女の子が一人で夜中ぶらつけるほど安全で、簡単な怪我や病気は病院いっても3000円もしない。居酒屋で一杯飲むの我慢すりゃ病院いけるんだぜ?
  
刺身も味噌汁も大好きだし、母国の料理に飽きたらちょっと都会にでればどの国の料理だって食べられる。

へたな国だと今みたいに こんな国!なんて言おうもんなら、非国民ってことで居場所なくなるよで、話遮っちゃったけど、君が日本嫌いなのはなぜな?」

朝「そういやなんで嫌いなんでしょうね。今の話聞いてたら分からなくなった」

その後雑談(勧誘員始めたばっかりで~とか身の上話)して帰っていった。案外素直なんだな~と思いつつ、その後3ヶ月くらいしたころ、

朝「こんちわーっす。お久しぶりです!朝日の勧誘員です!」

俺「おお、久しぶり。そろそろ慣れてきたから俺に勧誘再挑戦?」

朝「いえ、あの後3日くらいですぐ辞めました。朝日が嫌われてるの再確認しましたよ。今、国の役に立ちたいと思って大検と国家二種の勉強してるんすよ」

俺「それはまた随分唐突な」

朝「日本の好きなところ考え始めたらどんどん好きになっちゃって。好きな国に住めてるってだけで今すげー幸せなんすよ!田舎帰って本格的に勉強しようと思ったんで、お別れの挨拶とお礼にと思って」 と、小包くれて(中身はお茶った)去っていった。

当時の俺からしてみればよくある勧誘断りのための方便しただけの相手、それがなぜか、当時タメ口だったのがなぜか敬語、不機嫌に見えた顔は超爽やかな笑顔、日本贔屓な外国人の話を聞いて和むことはよくあったが、日本人相手でも和むもんだな。

一度玄関先で小一時間話した程度の相手に、お土産もって挨拶に来るなんて思ってもみなかった。

それから若い感じの勧誘員には、新聞だろうが教材だろうが宗教だろうが真面目に対応するようになったよ、出来の悪い漫画みたいな話だが全部マジ話。



私もかつては金髪の兄ちゃんみたいな人間だったんですよね。
麻生さんのおかげで「あ、自分は日本が好きだったんだ」と気づき
それからいろんな動画を見て、書籍を買って、my日本の皆さんに教えてもらって・・
いまやっと日本人になりつつあります。
完全な日本人でないのは近代歴史の勉強がまだまだできてないので。
中途半端な日本人ですね( ̄◇ ̄;)

「俺」さんのように相手に情報と知識を与えれば日本大好きになるんですよね。
若い方は素直だからまだ聞いてくれる確率が高いしなあ。
よし、日本のすごいところをいっぱい勉強してたくさんの人に教えるぞー!!
少尉さん、素敵な話を教えてくれて、ありがとうございます。

日台親善

花京院典明さんの日記です。



日台親善


とっても良い話です。

困っている人を見つけたら、しかもそれが外国人だとしたら、
尚更助けてあげたくなるのが日本人の人情と言うものでしょうね。

台湾からの旅行者の方に日本人の良心が伝わったようで嬉しいです。

(以下引用文)

福岡・太宰府ではぐれた台湾人観光客、日本女性に助けられ感謝
【中央通信社:2013年10月12日】

 (苗栗 12日 中央社)台湾北部・苗栗県出身の女性が日本ツアーに参加し、10日、帰国前最後の日に観光地で1人はぐれてしまった。ひとり異国で焦っている時、親切な日本の女性が救いの手を伸ばしてくれてツアーのメンバーと合流することができ、女性は無事帰国の飛行機に間に合った。この台湾女性は日本女性に対する感謝の気持ちでいっぱいで、「本当に運がよかった。助けてくださった方には心から感謝している」と語っている。

 苗栗・竹南の女性(許(きょ)さん)は母親と2歳の息子を連れ日本の九州をめぐる4泊5日のツアーに参加、10日、福岡県の太宰府天満宮を訪れた際、参道の商店街を回っていてつい夢中になってしまい、気がつくと母も息子も姿はなくその他のメンバーもいなかった。遠くの駐車場に見えた黄色いバスまでようやくたどり着いたが違うバスで、自分が家族や他のツアー客とはぐれてしまったことに気がついた。

 太宰府観光のあと残すは福岡空港からの帰国となっていて、許さんは自分1人のためにツアー全員に迷惑がかかることが気になったがどうしようもなく困っていた。そこに駐車場の料金所の婦人が親切に声をかけてくれ、互いに言葉は通じなかったが、許さんが緊急連絡先の書かれたカードを示して、やっとガイドと連絡が取れた。

 婦人は許さんにあまり時間がないことを知ると自ら車を運転、彼女をツアーが待っている場所まで乗せた。到着後、彼女はお礼に車代を渡そうとしたが婦人はガイドを通して

「東日本大震災で台湾の人々が日本を助けてくれたことをありがたく思っています」

と断り、時間も迫っていたため2人は慌ただしく別れの挨拶をすませた。許さんはあまりにも慌てていて知っているはずの日本語の一言、「ありがとう」さえ思い出せず、感謝の余りひたすらお辞儀するばかりだったが、婦人は笑顔を絶やさず慰めてくれたという。

 今回は許さんにとって初めての日本旅行だったが、現地の親切な婦人の協力で無事に台湾に戻ることができ、日本人に対しては「優しく礼儀正しく温かい」との印象を強くしたという。残念なのは婦人といっしょに写真を撮ることはもちろん連絡先さえ聞いておかなかったことで、それでもいつかまた日本に行ってきちんとお礼を言うことができればと望んでいるという。





いい話ですよねえー。
台湾の義援金の話ですが、マスゴミが報じなくても
ツイッターやネットで拡散されていますねw

ご婦人に感謝です。

台湾の皆さん、義援金のこと、一生忘れませんからね。
しつこく感謝の言葉を述べさせていただきますよ m9っ( ̄ー ̄)ニヤリッ

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。