FC2ブログ

女郎になる夢を見ました。

女郎になるゆめを見ました。

家族8人、食べてくのがやっと・・って感じのド貧乏な家に住んでました。
私は4人兄弟の唯一の女で13歳・・借金返済のために女郎に売られることになりました。

親の謝罪とかにムカつきながらも「仕方ねー」みたいな感覚、
自分の人生なのに自分で決められない辛さとか怒りとか哀しみとか・・
でも、そんな気持ちを出したって何も変わらないってゆう諦め、

人買いの後を同じ境遇の女の子たちと一緒について行きました。

一人は「好きな人がいるのに・・」とずっと泣いていて
私はそれを見ながら『ああ、そっかー、私は好きな男がいないだけマシだなー。』なんて
ちょっと安心してました。
『こんな自分でも買う男がいるのかなー、胸もないし、男みたいだし・・、
いなかったらそれはそれで困るけれどな・・・
・・汚れてしまうけれど・・それでも・・こんな自分を愛してくれる男性がいたら・・
一生をかけてその人に尽くしていこう・・・うん・・そうしよう・・。』
そんなことをひっそり考えながら歩いてました。

お店に着いて、先輩女郎さんに色々教えてもらってました。
その女郎さんのセリフ。
「私も村が貧しくてねー、ここに来たのよー。大丈夫、痛いのも怖いのも最初だけだからね。
最初は優しい人をあてがってやるからね、ゆっくり心と体の準備をしなさい。
アンタいくつ?ああ・・13かぁー。あと1年は無理ね、
その間に作法とか色々教えるからお店にでるまでに覚えなさい。
お化粧して綺麗な着物着れるからね、そう考えたら少しは楽しめるよ。
あとね、どんな手段でも働いてお金稼いで自分を養えるんだから、恥ずかしいとおもったらダメよ?」
あまりにも優しい女郎さんに初めて泣きました。
恥ずかしいくらい泣きました。
泣いている間、女郎さんが優しく背中を撫でてくれてました。

ここで目が覚めました。

「うーん・・・なんか悲しいけれど優しい夢をみてしまった・・。」

・・・当時の女性の気持ちがわかった気がします。
「仕方ない」って諦めながらも、どんな環境でも優しく強く生きていたんでしょうなー。

しかしやたらナマナマしかったですねー。
なんだろう・・・前世なのだろうか・・・?
だとしたら、その反動で男性恐怖症になったのも頷けるな。うん。


そんな夢を見たあとで、慰安婦問題とか聞くと怒りがこみ上げてきます。
まあ、彼女達にはこの女郎さんの気持ちは一生理解できないでしょうねぇ。

今はそこまでしなくても生きてはいける時代にはなりましたけどね。
世界最古の職業は今も存在しております。
でもね、女郎さんが言っていたように
自分でお金稼いで生活しているんですから。
職業に貴賎なし!!ですよ。




テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

怖かったけど誇らしい夢を見た。

ビックリする夢を見ました。

my日本のメンバーさんたちと海外親日ツアーをしようってことになって
100人というものすごい参加者で飛行機に乗って行くことに。
メンバーさんとは初対面なのにすぐに打ち解けて
「すっごく楽しい旅行になりそうだ!」とか( ^ω^)ワクワクしてたのに

・・・・・なんかいきなりハイジャックされていました。

(゜д゜)・・・・・・・・・・は?

覆面かぶって銃持った男が通路を行ったり来たりしてるよー。
状況が全くわからん上になんでこーなったんだろう?
皆でこっそりネット情報を確認。
2chにスレッドたててどーするかをみんなと情報を共有。
my日本メンバーを人質にしたうえに、身代金をガッポリもらってしかも飛行機を皇居に落とすテロリスト情報を手に入れてしまった。
「え?皇居に?!」
「ふざけんなよ、そんなことさせるか!!」
「でも、どーする?相手銃持ってるよ?阻止しようにもむずかしいよ?」
「メンバーのなかでセガールみたいな人いますかーー?」
「峰不二子みたいなセクシー攻撃できるひとー!挙手!!」

さすが2chのノリというかなんというか・・・(´Д`;)

「日本政府はなにしてんの?」
「なんか・・・人質と交換するお金準備してるみたい・・・・゚(゚´Д`゚)゚」
「なにやってんだよ、安倍総理ーーーっ!!!」
「皇居の人たちも非難して人質が無事に帰ってくることを願いますとかなんとか・・・」
「優しいにも程がありますよ!陛下ーーー!!」
メンバー皆で政府と陛下に総ツッコミ。

「日本に迷惑かけてまで生き延びたくないぞ、俺は。」誰かのコメントにみんなが( ゚д゚)ハッ!とする。

「テロリストにお金わたしたくないしー。」
「皇居を傷つけるなんて絶対に日本人として許せない!!」
「俺らでなんとかしちゃいましょうか。」
「女の子だけでも助けれんかな?」
「無理っしょ、ここまできたら女とか関係なくお供しやすぜ!v(´∀`*v)」
「私、英雄になって教科書に載るのが夢だったんだー((*´∀`*)」

レス読んでて涙がでてきた。
隣のメンバーさんらも笑いながら泣いてた。

「じゃあ、皆、政府と皇居、家族にメールしてね。特攻するから。
皆死ぬと思う、生き残れる作戦を立てたいけれど・・時間もないし・・飛行機が海上を飛んでいる間じゃないと民家に被害がでるからさ・・・。皆、ごめんね、せっかくの親日ツアーなのにさ。」

「これもツアーの内容の予定ってことで!!(笑)」
「最終目的地は高天原っすか?」
「そこは靖国神社で会おう!だろーがよ!!(爆笑)」
「じゃあ、my日本メンバーの皆さん、靖国神社で会いましょうっ!!」

そして全員が立ち上がって・・・特攻した。
撃たれて頭の半分が飛んでしまっても犯人の足をつかんで離さない人
噛み付いたり引っ掻いたり、むちゃくちゃ暴れる女子
皆で大声を上げてテロリストを殴りまくって、反撃した。
そしてコクピットをこじ開けて操縦していたテロリストを撲殺。

飛行機が傾いて飛行機は海に墜落し、視界は真っ暗になった。

死ぬ間際に皆が笑って照れくさそうに
「天皇陛下バンザイ、大日本帝国バンザイって言わなきゃ!!」
って言葉を聞いたのが最後だった。

怖い・苦しい・痛い・暗い・沈んで行く体を感じながら・・・
気持ちは誇らしくてなんか嬉しかったです。

目が覚めたときに一番に思い出したのは第二次大戦の爺ちゃん世代。
戦場で死んだ人はこんな気持ちだったのかなーって。

夢だからこんなことできたのであって現実じゃ無理だと思っています。

ただ、万が一にも「ない」とは言えないご時世なので・・・
もしこんな事態が起きてやむを得ない状況になったときはミサイル攻撃OKっす!!

日本と皇居、子供たちに迷惑かけてまで生きたくないっすから。

そうゆうことです。(〃ω〃)




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

また実家の夢を見ました・・勘弁してくれ。

また実家の夢を見ました。
つっても、実家の人間が全く出てこず、家と団地がそのままで
旦那と旦那の家族と私(なぜか私の年齢が18くらいになってた。)が住んでいました。

家の作りがおかしいとかで家族で調べていたら
隠し部屋みたいなのがあって、たくさんの本で埋もれている部屋でした。
しかも、本とダンボールどかしたらガラス戸が出現。
「ええ?ここ入口あったのぉ?!」
鍵開けて戸を引いたら・・あ・・スルスル開くわ。

漫画やら小説やらたーくさんあるけど、私好みの本じゃないなあー
折原みととか赤川次郎とか、歴史モノは売国作者ばっかり。
ゴミにしてだすか?とか考えてたらガラス戸が開いて
「あのー・・・、ここ古本屋ですか?」とか女性が入ってきた。
「いえ、(私の義理の)祖父が溜め込んでいる本というだけで、古本屋とかそんなお店じゃないです。」
なんて説明したその矢先に、次々と人が入ってくる(゚д゚)!
「ええええええ、なんで入ってくるんですか?お店じゃないですよ?!」
って叫んでも「えー・・だってそんな感じだし・・・」とか言われる。
なんとか追い出して戸口に鍵かけて旦那と相談。

「どーする?いっそ商売始める?」と私。
「いやー・・電子書籍が流行る中で古本屋は無理じゃろ。
本屋でさえ古本扱い出してんやぞ?それに店番誰にさせっと?」と旦那。
「ん~~、お義父さんにしてもらおーかと・・」
「・・・・うちのオトン、まったく本に関心がなかぞ。」
「だから、フリーダムな漫画喫茶にしちゃって、オトンは店番するだけにして
収入はオトンの懐に入るみたいなことしたら、ボケ対策にもなるし長生きするんちゃうかな?」
なんてかなり失礼な事を言いまくってしまった。
「低料金でコーヒーとお菓子出して、気に入った漫画は格安で販売して、ペット入れてもOKにして
本だって同人誌まで置いてさ、私は国防書とか置きまくったりして、漫画を書く個人部屋とか作るとかいいなあー、PCもあるといいね、それとそれと・・・」
「はいはいわろすわろす、オトンにそこまでさせられんって。」
「はあ・・ごめん、暴走しました。」
「とりあえず、あの部屋をどーするかは今後の家族会議で決めよう。
商売するにしても軍資金貯めてからにせんとできんしな。」
「そうですよねー・・。」
やっぱお金かーとかため息吐いてその場は終了。
夕方に散歩に出て、田んぼの向こうにある廃スーパーをボーっと見てた。
あーあー、お金ほしいなあー、自分で商売できるぐらいの予算ほしいなー。
商売はじめて上手くいったらあの廃スーパーも買い取って改造できんだけどなー

そんなことを考えながら突ったっていたらスーパーの方角から人が出てきた。
フラフラ歩きながらこっちに向かっている。
「あそこ、人住んでたっけ?」
ようやく男女の判別が着いた頃にビビった。
包丁持っている!!
「家族に教えて逃げなきゃっ!!」
慌てて家に走って戸を開けようとしたら鍵がかかっている!!
「開けて!!!そこに包丁持った危ない奴いるんだってっ!!」
叩いて怒鳴ったけど全然空く気配がない。
「入れろってば!!なにしてんだよ!!」
二階の窓を見上げたらビックリした。

・・・実親がこっちを見ていた。
無表情で・・カーテンの隙間から・・・

「え・・?あれ・・?俺・・結婚してたよな・・・?
あっちが夢だったのか・・?」

だがパニックになっている暇などない。
包丁持った奴(中年のオッサンだった)が、50M先まで来ている。
庭に置いてあるチャリに乗ってペダルを懸命に漕いだ。
包丁持ったオッサンの距離は遠のいた、「ああ、助かった。」と安心しながらも・・帰る家がなくなったことで徐々に悲しくなってペダル漕ぎながら大泣きした。

・・・で、そこで目が覚めた。
・・・うむ、相変わらず故郷の夢は最悪だ。
「旦那の家族から実親に変わったのが今回の恐怖ポイントだな。」
悪夢分析をする自分。
何かに追われる恐怖心よりも
家族も帰るところもなくなって孤独感でいっぱいになるのが一番怖いんだよなあ。

こんな夢は何回か見たことある、初めて見たときは1日引きづるくらい凹みまくっていたが、今では分析してしまうくらいになってしまった・・・慣れとは恐ろしいものだな。
慣れてきたとはいえ、やはり目が覚めたときの最悪の気分には変わりない。
独身の頃はこの気持ちを引きずっていたけれど
今は旦那が隣でイビキかいてるから、ちょっとホっとできます。

結婚して「いいな」って思ったところはそーいう点ですかね。

でも楽しい夢がみたいなあー。






梅の自転車

怖い夢を見たので浄化目的で書かせてもらいます。

夢の中で小学5年生になっていた。
下校中に会ったオバさんと女の子に捕まって
どーでもいい話を聞いていた。
「早く帰りたいのにめんどくさいなあ。」とか
考えながら話しに付き合っていた。

「一人で帰ってるん?」
「ハイ。」
「そうか、あんね、今からオバちゃんの言うことよく聞きや。」
「ハァ・・?」
「梅の自転車に気を付け、家に着くまで絶対に後ろ振り返ったらあかんよ。」
「ハァ・・(梅の自転車ぁあ?)」
「話しかけられても絶対に振り返ったらアカン、ほら、帰り。」

定番の怖い話だなー・・・つか、引き止めて話しかけてきたんお前やん
ちょっとイライラしながら家の方向に歩きだしたら
足が泥の中を進んでいるようにメッチャ重い。

「振り向いたらあかんよー?殺されるからねぇー。」
後ろでオバちゃんが声をかけてくる。
本来なら振り向いて手を振るべきなんだろうが
「振り向くな言われたしな。」
って、ゆーか殺されるってなんやねん、ああ、ちくしょう、足が重い・・
イライラしながら前に進む 歩道わたって踏切こえて団地入ったら家やのに・・・
なかなか家につかん、なんか後ろではチャリのキコキコする音がするし・・
「ねえ、乗せてあげようか?」って女の子の声がする。
人懐っこい声で話しかけられたが、律儀にオバさんの言葉を守って一歩ずつ歩いて行った。
家に着くまでの間、うるっさいくらいに話しかけられた。
怒鳴りつけてやろうかとも思ったが、面倒くさいことにもなりかねんと思い直し
とにかく黙々と進んでいった。

で、どーにか我が家につき、扉を開けた。
「念のために部屋に着くまでは後ろみやんとこ。」と
後ろ手で扉締めて玄関をあがり、部屋に向かおうとしたところ
玄関に飾ってある鏡見て声を上げそうになった。
ガラス扉の向こうに自分と同じくらいの女の子の影が立っていた。
話しかけはしなかったが、しつこくじ~~~・・と立ってこっちを伺っていた。
曇りガラスだからこっちが鏡通して見ているのは気づいてないっぽい。
「自分では扉が開けられへんみたいやな。」
そこにちょっと安心して部屋に入り、ジャンプを読んでいた。

家の周りでキコキコ自転車の音がする。
自転車の音がしなくなったら家の敷地に入ってガラス越しにこっちを伺う。
自分の部屋は曇りガラスな上にカーテン閉めっぱなしだから覗かれることはなかったけど
気持ち悪いわ、怖いわで、部屋のり口に物を置き、カッターを持ってジャンプ読みながら警戒してた。

「タダでは死なんっ!!絶対に何かしらの痛手を負わしてから死んだる!!」

そこで目が覚めた。

ホラーの定番みたいな夢やなーと自嘲。
梅の自転車ってゆーのは梅って子が乗っている自転車ってことか?
今度の故郷はサイレントヒル状態ではなかったけれど
曇り空で暗くって人がいなくて・・・過疎化が進んでいる感じだったなあー。
夢の印象が現実でもそーなっているとは限らんしな。

人間関係は面倒だし、ケーブルはないし、市からのけものにされているような辺境の地だし
息苦しくて堅苦しくて自分の故郷だけど、とにかく大嫌いでした。

話では過疎化が凄まじく、祭りもしなくなったとかなんとか。

そんな話を聞いたり、過去のことがあったせいか
私が見る故郷の夢は怖くて嫌な内容ばかりです。


まあ、もう帰らないからどーでもいいか。

ただ、自分の故郷をみる暗いイメージが悲しいなー・・と思っただけでした。

いつかパステルカラーの故郷を夢で見てみたいです。











節電のためにニコ動でホラーリンク見てたけど・・・・・・・ひいいいいいい!!!

「あなたは私の子供なんだから一緒にすみましょう。」と
知らないおばさんに強引に手を引かれる子供の自分の夢をみました。
子供にとって知らない大人に連れて行かれるのは恐怖です。
連れて行った先でとても怖いことが起こる!そう思った私は必死で抵抗して手を振り解き、無我夢中で逃げて隠れました。
隠れるのが得意な私でしたが、どんなところに隠れても「そんなところにいたの?」と見つけてくるんですよね。
逃げながら「助けて!」と叫ぶんですが、私が住んでいた団地が霧がかかっている上に人が誰もいない・・まさにサイレントヒル状態。
3回目に見つかった時にはあまりの恐怖に気絶しました。

・・・で、目が覚めたんですよ。
「うおーーー、今日の夢・・マジ怖かったー・・。」
あー・・・仕事いくか・・・と寝不足の頭を無理やり起こした目線の先に夢の中のオバさんが笑って立っていました。
自分の声とは思えない叫び声をあげ、パニックになる私。

そのオバさんが笑いながらゆっくり近づいてくるんですよ・・・

「殺さなきゃ!!こいつずっと追いかけてくる!!」
そう思った自分は、オバさんの首を絞めていました。
もう必死で手に力を込めて、首の骨が折れるまで絞めました。
殺した・・・と、安心したとたん・・・「酷いことするわね」と背後に笑って立つオバさんが!!

ソイツも必死の思いで殺しました。

家の廊下を2体の死体を引きずりながら
「ああ・・・あとコイツを何人殺さなきゃいけないんだ・・?くそ・・・いっそのこと狂えたら楽になれんのに・・・。とにかく、戦う準備しとかないと・・・」
何気に冷静に考えながら台所に包丁を持ってこようとしてるところで・・・・

やっと本気で目が覚めました。

起きてまずはじめにしたこと。
旦那を起こして
「家の中に誰もいないことを確かめて!!」
リビング、トイレ、お風呂、玄関、押入れを見てもらって
「誰もいない?!笑ったオバサンいない?!大丈夫?!」
旦那の背後に隠れて聞く私。
「いないけど・・・なんなの?朝から・・?」
不機嫌な顔した旦那にやたらリアルだった夢の話をしました。

「ニコニコ動画でホラーリンク見まくってるからそんな夢みるんですよ。
 影響されやすいうえに怖がりなのに、なんで見るの。ネット禁止にしますよ?」

「だって、夜暑いんだもん 怖い話聞いたら体感温度が5度下がるっていうし・・・・。」

「だから無理な節電はやめなさいって言ってるじゃないの、怖い夢見て精神汚染されるくらいなら、もうクーラーガンガン効かせてゆっくり寝たほうが体にもいいでしょ?九州が節電しても電力は東北にはいかないんだから。」

 「・・・・ムス」

「テレビつけてないぶん、かなりの節約になっているんだからいいじゃないの。気にしないでクーラー使いなさい。」

・・・・・・・・怒られました。
私、喘息もちだからクーラーあたりすぎると喉やられてしまうんですよね。
とりあえず、扇風機だけでもつけます。

・・・でもあの夢は本当に怖かった・・・。
現実と夢の区別がつかないって怖いですよね。
「殺られるまえに殺る」という考えにいたった自分の本性にビックリかも・・。
ホラーリンク見るの控えよう・・。

でも・・・・



こんな可愛いお話もあるからやめられないんですよねー。
しかもこの神社、バスで30分のところだし・・・。

あの怖い夢も気になるのでお払いしてもらうために神社に行ってみます。

あーあ、楽しい夢を見たいなあ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

クサカ 

Author:クサカ 
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード