通州事件の真実3 (怖くて見れない・・)



・・・・・・・・・途中まで見ました。
最後までは見れません、読めません・・・。
人間の所業ではなさすぎです・・。

子供のころ、中国人に「死ね」と言われました。
もし、あの時に高学年で正しい歴史知識があったなら反論してやるのにって思ってましたが
・・・あの時そんなことしてたら・・・私殺されてた可能性もあったわけですよね。

特定アジアに日本がなにをされたか、日本人はしっかり勉強してしっとかなあかん。
特に、力のない女子供と老人は身を守るためにもっ!!

日中友好・日韓友好とか言う奴らはこの歴史的事実を知ったうえでもまだ仲良くしようなんていえるのか知りたいですね。
スポンサーサイト

涙が止まらない。



涙が止まらない



「アメリカの青年達よ。

 東洋には、すばらしい国がある。

 それは日本だ。


 日本には君達が想像もつかない
 立派な青年がいる。

 ああいう青年がいたら
 やがて日本は世界の盟主になるに
 違いない。奮起しろ!」
 

硫黄島での戦いの時に
第五艦隊司令長官として
アメリカ海軍を指揮した
レイモンド・A・スプルーアンス海軍大将
の言葉です。
 

彼は戦後、この言葉を伝えるべく
全米各地を公演して回りました。

彼が、このように日本の事を
言うようになったのは
次のようなエピソードがあったからです。
 

1ヶ月近く激戦を繰り広げ
多大な犠牲者を出して
アメリカ軍が硫黄島を占領した
あくる日のことです。

岩山の穴の中から負傷した日本の陸軍少佐が
降伏のしるしのハンカチをもって出てきた。
 

彼は

「司令官はいないか。
 
 穴の中には
 有能な30名の青年達が残っている。

 彼らを日本のため世界のために
 生かしてやりたい。

 私を殺して彼らを助けてくれ。」

といいました。
 

少佐を引見したスプルーアンスが

「お前も部下達も助けてやろう」

というと、彼は

「サンキュー」

といって絶命しました。
 
その後、アメリカ軍は
青年達が残っている穴の中に
煙草や缶詰を投げ入れたりして
残された青年達に穴から
出てくるよう勧告をしますが
彼らはそれに応じず抵抗を続けました。

数ヶ月間の抵抗の末
やがて何名かが餓死し
最後に残された者たちは
手榴弾で自決して果てました。

その爆発がした時に
スプルーアンス司令官が
穴の所に飛んで行くと
穴の入り口に英語と日本語で書かれた
手紙がおかれていました。
 

「閣下の私達に対する御親切な御厚意
 誠に感謝感激に堪えません。

 閣下より戴きました煙草も肉の缶詰も
 皆で有り難く頂戴いたしました。

 お勧めによる降伏の儀は
 日本武士道の習いとして
 応ずることができません。

 最早(もはや)水もなく食もなければ
 十三日午前四時を期して
 全員自決して天国に参ります。

 終りに貴軍の武運長久を
 祈って筆を止めます。」
 

旧日本兵2万2000人が戦死。
 

今だに1万3000人あまりの遺骨が
みつかっていない。
 

昭和二十年五月十三日
日本陸軍中尉 浅田真二
米軍司令官スプルーアンス大将殿
 

(祖国と青年 平成7年6月号)








感動のあまり泣いてしまった。
(。´Д⊂) ウワァァァン!



日本の神様、どうか誤った歴史を教えるこの老害に天罰を与えてください。

夕方のニュースでやっていたんで、もってた携帯で写メしました。

老害1 老害2
読み辛くてすみません、どうやっても横にならんかったんですよ。
「朝鮮、台湾、植民地 日本がてをのばした そうゆうところから石が送られてきた」
「日本人が奪った起こした戦争をどう反省するか大変大切ではないかと思います。」などとほざいております。

自分の無知さを全国レベルでさらしましたよ。
恥ですね、バカですね、日本語読めるんですかー?と国籍を問いたいですね。


では、八紘一宇の言葉の意味から説明します。
「全世界を一つにまとめて、一家のように和合させること。要するに「和をもって尊し」という日本の理念を世界に広め、幸せになろうという、かなりザックリだが、優しい意味である。第二次大戦のとき日本が国家の理念として打ち出し、国民の士気を高めた。「八紘」は天地の八方の隅、地の果てまでの意。転じて、全世界の意。「宇」は家の意。」

さらに詳しい説明はこちらのサイトへGO!!です。↓
ひだまり 今は古事記に夢中!
ねずさんのひとりごと

世界史を見れば分かりますが、当時は弱肉強食が当たり前。
弱ければ国民は強国の奴隷にされ、人権なんて白人にしかなかった時代なんです。
それを「肌の色は関係なし!!人は平等であるべきである!!」と立ち上がって戦ったのは日本人だけだったんです。
その地で作物を作り、学校・病院・道に街をつくって、原住民と一緒になって暮らしていた日本人のどこが植民地支配だったんでしょうか?
敗戦時に、国に帰る日本人が原住民に「しっかり勉強して立派な人になりなさい。」と言葉を残した話は有名です。
日本人だけがアジア周辺国を人間として扱っていたからでる言葉です。

ちゃんとした歴史を勉強して教え広めているならまだしも、
まちがった歴史を教えて情に訴える方法でやっているのが許せないっ!!!

いつになったらこうゆう人は目覚めるんでしょうね。
中国軍が沖縄攻めたら・・ですかね?

こんな署名賛同がきました。

今日、こんな署名メールがきました。



今年8月11日に札幌市議会議員 金子やすゆきがツイッターで以下の発言をしました。

「アイヌ民族なんて、いまはもういないんですよね。せいぜいアイヌ系日本人が良いところですが、利権を行使しまくっているこの不合理。納税者に説明できません。」

この発言はアイヌ民族に対する「ヘイトスピーチ」であり、許されるべきものではありません。

ヘイトスピーチとは人種的、民族的あるいは性的なマイノリティに対するその属性に基づいた侮辱的な発言を意味します。これはマイノリティに対する言葉の暴力であり、差別を煽動してさらなる被害をつくりだす恐れがあります。残念ながらこの国では、ネット上で人種的、民族的あるいは性的マイノリティに対する差別的な言説が蔓延しており、さらに一部は街頭にまでデモや街宣として溢れ出しています。それはこの札幌市も同様です。そのなかでいまヘイトスピーチをなくす取り組みが市民や議員、報道などさまざまなレベルで試み、すすめられています。

しかしそのような社会的状況で、この金子市議の「アイヌ民族なんて、いまはもういない」という発言は、人が人として存在するということすら、その民族的属性ごと否定しています。それだけにとどまらずに、「利権を行使しまくっている」とアイヌ民族であれば不正を働くものであると解釈できるような文章で中傷しています。そして、それが発言者の中にある偏見から生み出されたものであるにもかかわらず、その責任を「納税者」に押し付けています。このような卑劣な文章を、ツイッターのような不特定多数が読むことができる、いわば「公共の場所」で書くことは決して許されることではありません。

この金子市議の発言に対して多くの市民から疑問の声があがり、また専門家も厳しく批判しています。例えば、北海道大学の丹菊逸治准教授は、「例え固有の言語や伝統文化が失われたとしても、過去との連続性を保ち、同じ民族に属するという意識を持った人々の集まりである以上、アイヌは民族として存在する」(どうしんウェブ 8/21付)と断じています。

それにもかかわらず、金子市議は自らの発言を反省することなく、自身のホームページ上で自己弁護をはかり、さらなる開き直りを繰り返しています(金子やすゆきHP 8/17付「全国版で書いていただき、自分の政策課題に国民の関心が高まるのは政治家として冥利に尽きることです」)。

■アイヌ民族に対するこのようなヘイトスピーチをおこなう金子市議が市民の代表である札幌市議としての資質を著しく欠いていることは明白であり、札幌市議会として金子市議に議員辞職勧告決議をするよう求めます。

私たちは、ヘイトスピーチによる被害が一刻も早くこの国からなくなることを希求し、これまで活動してきました。この文章を読まれた方においては、ぜひ趣旨に賛同して、金子やすゆき市議の辞任を求めるための署名をお願いします。



いろんな署名に賛同してきたけどね、
今回はパス!!ってことで即削除しました。

だって、金子やすゆき議員が言ってることは全て事実で現在は在日の巣窟なんだもん。
利権行使しまくっているのは在日さんで、当のアイヌ人はそんな組織に入るのさえ嫌がってるって情報だし?
差別でも何でもないよ?


チャンネル桜とmy日本で勉強している日本人ナメんな?
なんでもかんでも人権・差別と唱えれば話が通ると思うなよ。

ちゃんと勉強している議員さんがいることに安心しました。
私は金子議員を支持しますっ!!
アホな団体に潰されませんように・・
そして札幌市民が金子議員を守ってくれることを願います。

pixivで硫黄島に氷水のお供え企画を伝えさせてもらいました。

my日本で知った企画を拡散したくてpixivでヘタリア漫画にして投稿しました。

2014終戦1

2014終戦2

2014終戦3

2014終戦4

2014終戦5

2014終戦6

2014終戦7

2014終戦8

2014終戦9

2014終戦10

2014終戦11

ヘタキャラで太平洋戦争・・しかも硫黄島です。
お供え企画ではありますが、もしかしたら炎上するかもしれない。
いろいろ覚悟していました、・・が、予想に反して好評価で批判もなく
(まあ、英霊に感謝とお水をお供えするだけだから批判する方がおかしいやな。)
「6年前(核兵器を持つ持たないの議論さえもタブーされた時代)と変わってきたってことか。」
来たコメント一つ一つに返事しました。

優しいコメントばっかりでしたねー。
ただなあ・・優しいばかりで「戦争が起きないようにするにはどうするか?」とか
「戦争にならないためにはどうしたらいいか?」とかの考えもなく
ただひたすら「戦争はしちゃいけない。」「戦争はダメ」しかなかったんですよ。
考えをとにかく放棄していました。

自分の漫画の技術があまりにも未熟なせいで一切メッセージが伝わってない・・orz
そ・・そりゃあね・・BLで誤魔化したよ?
「核兵器」と「書く兵器」なんて茶化したさ。
けどさ、でもさ、拉致被害とか尖閣問題と北方領土に竹島、北と中国のミサイルなどなど
この数年で世界情勢がこんだけ変化して、日本はサンドバック状態なわけだからさ。
憲法改正して自衛強化しないとやばくね?くらいの危機管理をもってほしかったなあ・・としょんぼりしました。
ヘタファンは近代史勉強してるから国防も勉強していると思ったんですけどねえ・・
まだまだだな・・と実感しました。

ヘタキャラで近代史とかいっぱい書いて
まずは歴史と国防を知ってもらおうと思います。
知らないことには考えることができませんし。

いっぱい勉強して漫画書いていきます。



プロフィール

クサカ (元 源蔵)

Author:クサカ (元 源蔵)
漫画・アニメ・ニコニコ動画が好きなオタ主婦です。
漫画・イラストも書いてちょいちょいこちらに載せています。ヘタリアアニメ中止にキレてから国防活動しております(たいしたことはしてませんがー(´ε`;))二次元を脅かす国は滅んでしまえという、ある意味では危険思想な持ち主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード